ニュース

ミッチェルが左足を負傷!!

サンダーとのプレーオフ第1戦で、ジャズのドノバン・ミッチェルが左足のつま先を負傷した

今シーズンの新人王候補筆頭との呼び声が高いユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルが、オクラホマシティー・サンダーとの対戦となったウェスタン・カンファレンスのプレーオフ・ファーストラウンド(1回戦)第1試合の後半に、左足小指のつま先を負傷した。試合翌日、チームはミッチェルの怪我は『左足小指の打撲』であると発表した。

ESPNのロイス・ヤング記者とクリス・ヘインズ記者のリポートによると、試合翌日に行ったMRI検査の結果は、負傷した試合中に行ったX線検査の結果同様、陰性を示したという。

検査後、ミッチェルは以下のようにコメントしている。

「痛みはかなりマシになっているけれど、第2戦に出られるかどうかは明日の痛み具合で決まります。でも自分としては、今のところ問題ないと思っています。」

第1試合の第4Q(クォーター)、負傷したミッチェルはX線検査を受けるために一旦ロッカールームに下がった。その後、彼は試合に戻ったが、明らかに痛そうな表情を見せていた。

ミッチェルは試合後に「つま先をぶつけただけだから、大したことはないよ。」とコメントしていた。

ジャズのクイン・スナイダーHC(ヘッドコーチ)は、試合後のインタビューで、ミッチェルを試合に戻したいきさつを以下のようにコメントしている。

「チームドクターの許可が出たので、私は彼を試合に戻した。しかし、彼は痛みに顔を歪めながらプレイしていたので、私は彼を再びベンチに呼び戻し、本当にプレイを続行できるかどうか本人に確認した。すると、彼はコートに戻って行った。これが、我々が知っていることの全てだ。つまり、彼は大丈夫だということだ。より詳しい検査結果は、明日になれば判明するはずだ。」

ミッチェルは第4Qに再びコートに戻ったが、明らかに足の痛みを引きずりながらプレイしていた。そのような状況にも関わらず、彼はその試合で27得点、10リバウンドを記録している。ルーキーが敵地で迎えるキャリア初のプレーオフの試合で25得点以上、10リバウンド以上を記録するのは、1998年のティム・ダンカン(1998年4月23日の対フェニックス・サンズ戦での32得点、10リバウンド)以来の大記録だ。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.