ニュース

ラプターズがウォリアーズに勝つための4つのポイント

NBA.comのショーン・パウエル記者が、ラプターズがウォリアーズに勝つための4つのポイントを挙げた

トロント・ラプターズのマサイ・ウジリ球団社長は、ドウェイン・ケイシーHC(ヘッドコーチ)を解任し、エースのデマー・デローザンとカワイ・レナードをトレードするという大博打にでて、見事にNBAファイナルへの切符を手に入れた。しかし、彼らがNBAファイナルで対戦するのは、3連覇を狙う絶対王者のゴールデンステイト・ウォリアーズだ。

果たしてラプターズは王者ウォリアーズを倒してNBAチャンピオンになることができるのだろうか?

果たしてラプターズはウォリアーズと7試合戦って4勝をあげることができるのだろうか?

NBAの歴史上で、1人の大エースがチームを引っ張ってチャンピオンに輝いた例は2回しかない。1つ目は、リック・バリー率いるウォリアーズが優勝した1975年。そしてもう1つは、ダーク・ノビツキーがダラス・マーベリックスを率いてマイアミ・ヒートのビッグ3を倒した2011年だ。

ラプターズがウォリアーズに競り勝つためには、適度な運と、負傷欠場中のウォリアーズのケビン・デュラントの復帰時期、レナードの活躍、レナード以外の選手のステップアップ、そしてトロントの街全体が『ジュラシック・パーク』と化すことが必要となってくるだろう。

ラプターズの本拠地、スコーシアバンク・アリーナの応援はかなり熱狂的だ。この会場で48分間プレーすることは、ウォリアーズにとっても厄介だろう。この本拠地でラプターズがまず2勝できれば、チャンスはかなり大きくなるはずだ。ウォリアーズは5年連続でNBAファイナルに進出しているが、アウェイからスタートするのは今年が初めてだ。

以上のことを踏まえて、NBA.comのショーン・パウエル記者は、ラプターズがウォリアーズに勝つためのポイントを4つ挙げている。

1:カワイ・レナードが大活躍すること
2:ケビン・デュラントが欠場する試合には必ず勝つこと
3:得意のディフェンスでウォリアーズのオフェンスを封じ込めること
4:レナード以外の選手がステップアップすること

以上の4点が、ラプターズが優勝するために必要不可欠な要素だ。

多くの要素が重なり合わなければ、『アップセット』は起こり得ない。絶対王者のウォリアーズが優勢という意見が多いが、NBAファイナルでは何が起こるか分からない。NBAファイナル初進出のラプターズが劇的な優勝を飾るのか、ウォリアーズの王朝が続くのか、大いに注目だ。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.