ニュース

ケビン・デュラントが43得点の大爆発!! ウォリアーズが優勝に王手!!

KDが43得点と大暴れしたゴールデンステイト・ウォリアーズがNBAファイナル第3戦に勝利し、優勝に王手をかけた

ケビン・デュラントが、ゴールデンステイト・ウォリアーズで一大王朝を築こうとしている。

現地6月6日に行われたNBAファイナル、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズの第3戦は、デュラントが勝負を決めるロング・スリーポイントシュートを含む43得点と大暴れしたウォリアーズが110対102でキャバリアーズを下し、3連勝でNBAチャンピオンに王手をかけた。このまま優勝を決めると、ウォリアーズは2年連続(直近の4年間で3回目)のNBAチャンピオンとなる。

この日のウォリアーズは、ステフィン・カリーが11得点(フィールドゴール16本中13本失敗)、クレイ・トンプソンが10得点(フィールドゴール11本中7本失敗)と、チームの得点源である『スプラッシュブラザーズ』の2人が振るわなかったが、デュラントの43得点13リバウンド7アシストという大活躍に救われた。特に、ウォリアーズが103対100とリードして迎えた試合終盤に彼が決めたロング・スリーポイントシュートは、この試合だけでなく今年のNBAファイナル自体の勝利を決めたシュートと言えるだろう。

この難しいシュートについて、デュラント本人は以下のように解説している。

「ショットクロック(NBAでは1回のオフェンスで24秒以内にシュートを打たないといけない)が残り僅かだったが、俺はゴールからかなり遠い場所でボールを持っていた。俺は何とかしてシュートを打てる状況を作りたかったが、ゴールに近づいて無理な体制でシュートを打つことは避けたかった。ゴール下でシュートを外したら、キャバリアーズにカウンターを食らう可能性があるからね。だから、俺はあの位置からスリーポイントシュートを打つ決断をしたんだ。」

移籍後わずか2年でチームの顔と言える存在となり、この試合でも大活躍を見せたデュラントについて、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は試合後に以下のようにコメントした。

「彼の今夜のパフォーマンスは非常に素晴らしかった。彼が今日の試合で決めた幾つかのシュートは、世界中を見渡しても彼だけしか決められないような難しいシュートだった。」

一方のキャバリアーズは、この日も47分52秒プレーしたレブロン・ジェームズが33得点10リバウンド11アシストのトリプルダブル、シュートが好調だったケビン・ラブが20得点13リバウンドのダブルダブル、ようやくプレータイムを貰えたロドニー・フッドが26分間の出場で15得点と健闘し、前半を6点リードで折り返すことに成功したが(58対52)、第3Q(クォーター)開始早々からウォリアーズの猛攻を受けて逆転を許すと、それ以降は流れを取り戻すことができなかった。

NBAプレーオフとNBAファイナルの歴史を振り返っても0勝3敗からシリーズを逆転した例は過去に無いが、キャバリアーズとしては、なんとかスウィープ(0勝4敗でシリーズを敗退すること)だけは避けたいところだ。逆に、2016年のNBAファイナルで3勝1敗からキャバリアーズに逆転優勝を奪われた経験があるウォリアーズは、次戦で早々と優勝を決めておきたいだろう。

勝負の第4戦は、中1日あけた現地6月8日に、再びキャバリアーズの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナで行われる。

アーカイブ

最低3球団がエネス・カンターに興味あり?
今日は何の日 〜クワミ・ブラウンが高卒ルーキー初の全体1位指名を受ける〜
カレッジ情報 〜ルイビル大学がウォークオンのキース・オッドーをロスターに追加〜
カレッジ情報 〜コネチカット大学がAACを離れることを発表〜
マルク・ガソルがオプトイン
ロケッツが主力3選手の放出を検討か?
ニックスがカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談か?
グリズリーズがデロン・ライトにクオリファイング・オファーを提示
サンズがケリー・ウーブレイJr.にクオリファイング・オファーを提示
マーク・キューバン氏がファンやメディアの加熱ぶりを危惧
オマー・アシクのサラリーがブルズのサラリーキャップから除外へ
ウルブズがタイアス・ジョーンズにクオリファイング・オファーを提示
ケビン・デュラントがプレイヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントに
今夏のニックスの狙いは?
マーベリックスがパトリック・べバリーとニコラ・ミロティッチに興味か?
ホーネッツはケンバ・ウォーカーをキープできるのか?!
レイカーズのオーナーのジーニー・バス氏がロブ・ペリンカGMを支持することを表明
クレイ・トンプソン ~マックス契約をじらすウォリアーズと影に潜むクリッパーズ~
FAの噂:ニックスとジュリアス・ランドルは互いに関心あり?
カレッジ情報 〜波紋を呼ぶカリパリのツイート〜
今日は何の日 〜ヤオ・ミン、1巡目1位指名でロケッツ入団〜
ロケッツはジミー・バトラー狙いか?!
マーベリックスがクリスプタプス・ポルジンギスに5年のマックス契約を提示か?
セルティックスもケンバ・ウォーカー獲得に名乗り?!
アンドレ・イグダーラ「KDとトンプソンは帰ってくる」
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.