ニュース

レブロンが43得点!! キャバリアーズがアウェイでラプターズを下して2勝目!!

レブロン・ジェームズが43得点の大活躍でチームを牽引し、キャバリアーズがアウェイで2勝目を飾った

現地5月3日に行われたイースタン・カンファレンス・セミファイナルの第2戦は、アウェイのクリーブランド・キャバリアーズが128対110でトロント・ラプターズを下し、シリーズの対戦成績を2勝0敗にした。

キャバリアーズは、レブロン・ジェームズが43得点8リバウンド14アシストと大爆発した他、ケビン・ラブが31得点11リバウンド、JR・スミスが15得点、ジェフ・グリーンが14得点、ジョージ・ヒルが13得点と、チーム全体でバランスの良い活躍を見せた。Elias Sports Bureauのデータによると、プレーオフの試合で40得点以上14アシスト以上を同時に記録したのは、ジェームズがNBA史上初とのことだ。

この試合当日の朝のシュート練習で、ジェームズのシューティングを見たラブは、何か特別なものを感じたという。実際、ジェームズはこの試合で難しいフェーダウェイ・ショットを数多く沈めたが、そういった目に見える事だけではない何かを、彼は感じたようだ。

ラブは、試合後にこうコメントしている。

「今朝、君達も何かを感じたはずだ。彼(ジェームズ)は、彼自身がそうであるように、我々チームメイトもこの1戦の重要性を理解していることに気付いた。だから、彼は試合開始早々から飛ばしたんだろう。彼は、今夜の試合を特別な物にする準備ができていたんだ。」

ラプターズでは、デマー・デローザンが24得点、カイル・ラウリーが21得点、ヨナス・バランチュナスが16得点12リバウンド、フレッド・バンブリートが14得点と健闘を見せたが、2年連続でイースタン・カンファレンスを制しているキャバリアーズに対して、ホームで痛い2連敗を喫した。

第3戦は、現地5月5日に、会場をキャバリアーズの本拠地クイックン・ローンズ・アリーナに移して行われる。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.