ニュース

ヒューストン・ロケッツが第4戦を制し、対戦成績をイーブンに!!

試合終盤の攻防を制したロケッツが95対92でウォリアーズを下し、シリーズの対戦成績を2勝2敗のイーブンに戻した

現地5月22日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの第4戦は、第4Q(クォーター)に逆転したロケッツが95対92で接戦を制し、シリーズの対戦成績を2勝2敗のイーブンに戻した。

ウォリアーズは、ステフィン・カリー(28得点)とケビン・デュラント(27得点12リバウンド)の活躍で、第3Qから第4Q序盤にかけて大量リードを奪ったが、そこから突如としてシュートが決まらなくなり、ロケッツに一気にペースを奪われた。それでも、試合終了直前までウォリアーズには何度も同点もしくは逆転のチャンスがあったのだが、彼らは試合終盤の6本のシュートを全て外し、自らチャンスを手放す結果となった。試合後、エースのカリーは「あれだけのリードを奪ったのなら、試合の最後までリードを保たないといけない」と悔しさをにじませている。
この敗戦により、NBA記録にもなっていたウォリアーズのプレーオフにおけるホームゲームの連勝記録は16連勝で途絶えた。

一方のロケッツは、ジェームズ・ハーデン(30得点)とクリス・ポール(27得点)の二枚看板が揃って活躍した他、PJ・タッカー(16リバウンド)やクリント・カペラ(13リバウンド)といったサポートメンバーが一丸となってディフェンスし、王者ウォリアーズから貴重な逆転勝利を奪った。これにより、ロケッツは第1戦のホームでの敗戦を帳消しにし、再び『ホームコート・アドバンテージ(7戦中4試合をホームで戦えるチームが有利という意味の言葉)』を取り戻した。

事実上のNBAファイナルと言われるハイレベルな対戦で、先に王手をかけるのは、どちらのチームか?

注目の第5戦は、再びロケッツの本拠地トヨタ・センターに舞台を移し、現地5月24日に行われる。

アーカイブ

ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.