ニュース

ウォールが復帰に向けて着々と準備中!!

ウィザーズのジョン・ウォールが、接触有りのチーム練習を再開した

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、膝を手術したにも関わらず自分のプレイスタイルを変えるつもりはないようだ。

「俺は今後も変わらず『ジョン・ウォール』らしくプレイする。俺はこのプレイスタイルしか知らないからね。」

現地1月31日に膝を手術し、先日ようやく2度目の接触有りのチーム練習をこなしたウォールは、強い意志を持ってこのように語った。

彼は、「状態は非常に良い」としたものの、復帰時期は明言しなかった。現在3連敗中と苦境に立っているウィザーズは、彼の復帰を心待ちにしている。

スコット・ブルックスHC(ヘッドコーチ)も、ウォールの復帰を待ち焦がれている1人だ。

「ウォールは復帰間近だ。この2日間のチーム練習に参加した彼は、非常に良い状態だった。彼はとても意欲的だし、1日も早い復帰を望んでいる。彼自身はすぐにでも試合に出たいと思っているんだ。我々は、彼の復帰を辛抱強く待つ必要がある。」

レギュラーシーズン残り8試合の時点で、ウィザーズはイースタン・カンファレンスの6位に転落した。ウォールが最後にプレイした現地1月25日以降、ウィザーズは14勝11敗という戦績だ。(今シーズン全体でみると、ウォール欠場中のウィザーズの戦績は19勝17敗。)

自分がいない間のチームの状況について、ウォールは以下のようにコメントしている。

「良い時もあれば悪い時もある。『ウォールがいない時の方がウィザーズは強い』と言う人がいるが、俺はそれでも良いと思っている。俺が不在でもチームが勝ってくれているからこそ、俺達はまだプレイオフ圏内にいるんだからね。チームメイト達は自信を持っていいと思うよ。」

手術以降、本拠地のワシントンでウォールが取材に応じたのは、この日が初めてのことだった。彼は今回のリハビリを経て、10〜15ポンド(およそ5〜7kg)も体重が減ったそうだ。

2010年のNBAドラフト1巡目全体1位指名でウィザーズに入団したケンタッキー大出身のウォールは、昨シーズンが始まる前に両膝を手術している。

ブルックスHCによると、ここまでの2回の接触ありの練習中に、ウォールはダンクを披露できる状態にまで回復しているようだ。

ブルックスHCは、ウォールの非凡な才能について以下のようにコメントしている。

「彼はリズムを取り戻しつつある。彼はディフェンスの隙間を縫ってドライブしたり、普通の選手では不可能な角度から攻め込むことができる選手だ。NBAの舞台で彼のようなプレイができる選手は、そうそういない。ウォールは、このリーグで最高の選手の1人だ。」

ウォール自身は、公式に許可が出ればいつでも復帰する準備ができているようだ。

「俺は、過去の怪我なんて気にしない。俺はただコート上で自分らしくプレイするだけだ。今まで通りアグレッシブで、攻撃的で、早いペースでね。俺は今までずっとそうしてきたんだ。俺はとにかく全力でプレイして、以前のような自分らしいプレイができることを証明したいんだ。」

現地3月25日の試合で、ウィザーズは格下のニューヨーク・ニックスに101対97で敗れた。
この敗戦について、ウィザーズのブラッドリー・ビールは、「俺たちは楽勝するつもりで試合に臨み、彼らに手痛くやられた。」とコメントしている。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.