ニュース

第3戦はゴールデンステイト・ウォリアーズが圧勝!!

ウェスタン・カンファレンス・ファイナル第3戦は、ウォリアーズが41点差をつけてロケッツに圧勝し、シリーズの対戦成績を2勝1敗とした

現地5月20日に行われたウェスタン・カンファレンス・ファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ゴールデンステイト・ウォリアーズの第3戦は、試合を通して攻撃の手を緩めなかったウォリアーズが126対85でロケッツに圧勝し、シリーズの対戦成績を2勝1敗とした。

ウォリアーズは、久々に大爆発したステフィン・カリーが35得点、ケビン・デュラントが25得点、クレイ・トンプソンが13得点、アンドレ・イグダーラが10得点、ドレイモンド・グリーンが10得点17リバウンドと、自慢の『ハンプトン5』が躍動し、プレーオフにおけるホームゲーム16連勝を飾った。この連勝記録は、1990年から1991年にかけてのプレーオフでシカゴ・ブルズが達成した記録(ホーム15連勝)を抜き、NBAのプレーオフ歴代新記録となった。

一方のロケッツは、ダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)が『打倒ウォリアーズ』を目標に作り上げたチームとは思えないような酷い出来だった。チームが全体的に噛み合わず、ウォリアーズの強固なディフェンスの前に20回ものターンオーバーを犯した他、2大エースのジェームズ・ハーデン(20得点9アシスト)とクリス・ポール(13得点10リバウンド)も精彩を欠いた。この結果に、ロケッツのマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)も、試合後のインタビューで「うちの選手達はディフェンスでスイッチを怠り、リバウンドを取るためのボックスアウトも怠った。こういう基本的な事を怠ると、全てのプレイがダメになっていく。今日のうちの選手達はソフトだった。彼らがそんな状態では、私がどんな指示を与えても無意味だ」と落胆の色を隠さなかった。

41点差というのは、ウォリアーズのプレーオフにおける球団史上最多得点差勝利であり、それと同時に、ロケッツにとってはプレーオフにおける球団史上最多得点差の敗戦だ。

ロケッツは、この大敗から立ち直ることができるのか?

両チームにとって、今後のシリーズの行方を占う重要な一戦となる第4戦は、現地5月22日に、再びウォリアーズの本拠地オラクル・アリーナで行われる。

アーカイブ

最低3球団がエネス・カンターに興味あり?
今日は何の日 〜クワミ・ブラウンが高卒ルーキー初の全体1位指名を受ける〜
カレッジ情報 〜ルイビル大学がウォークオンのキース・オッドーをロスターに追加〜
カレッジ情報 〜コネチカット大学がAACを離れることを発表〜
マルク・ガソルがオプトイン
ロケッツが主力3選手の放出を検討か?
ニックスがカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談か?
グリズリーズがデロン・ライトにクオリファイング・オファーを提示
サンズがケリー・ウーブレイJr.にクオリファイング・オファーを提示
マーク・キューバン氏がファンやメディアの加熱ぶりを危惧
オマー・アシクのサラリーがブルズのサラリーキャップから除外へ
ウルブズがタイアス・ジョーンズにクオリファイング・オファーを提示
ケビン・デュラントがプレイヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントに
今夏のニックスの狙いは?
マーベリックスがパトリック・べバリーとニコラ・ミロティッチに興味か?
ホーネッツはケンバ・ウォーカーをキープできるのか?!
レイカーズのオーナーのジーニー・バス氏がロブ・ペリンカGMを支持することを表明
クレイ・トンプソン ~マックス契約をじらすウォリアーズと影に潜むクリッパーズ~
FAの噂:ニックスとジュリアス・ランドルは互いに関心あり?
カレッジ情報 〜波紋を呼ぶカリパリのツイート〜
今日は何の日 〜ヤオ・ミン、1巡目1位指名でロケッツ入団〜
ロケッツはジミー・バトラー狙いか?!
マーベリックスがクリスプタプス・ポルジンギスに5年のマックス契約を提示か?
セルティックスもケンバ・ウォーカー獲得に名乗り?!
アンドレ・イグダーラ「KDとトンプソンは帰ってくる」
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.