ニュース

ビラップスが噂を完全否定!!

元ピストンズのスター選手、チャウンシー・ビラップスが、チームのフロントに入るという噂を完全に否定した

現役時代、試合終盤の勝負強さに定評があったチャウンシー・ビラップスは、デトロイト・ピストンズ時代にチームを2回NBAファイナルに導き、そのうち1回(2004年)は優勝も経験している。彼の背番号1番は、2年前にピストンズの永久欠番にもなった。現在ビラップスは、現役時代から始めたESPNのNBAアナリストとしての仕事を続けている。

昨夏、彼はクリーブランド・キャバリアーズのGM(ゼネラルマネージャー)職のオファーを受けたが、後にそれを辞退し、テレビの仕事を継続する道を選んだ。そんな中、New York Timesのマーク・スタイン記者が、自身のツイッターで「ピストンズが、アーン・テレム副会長のパートナーとして、ビラップスをチームのフロントオフィスに招聘する可能性がある」と突如リポートした。

しかし、ビラップスとピストンズは口を揃えてこの噂を否定した。ピストンズの球団社長兼ヘッドコーチのスタン・バンガンディーも、現地3月20日の会見でこの噂を否定している。

今回の一件について、Detroit Free Pressは以下のようにリポートしている。

New York Timesのマーク・スタイン記者が噂をリポートした日、デトロイト・ピストンズの球団社長兼ヘッドコーチのバンガンディーは会見を開き、以下のようにコメントした。

「チームの人事に関する意思決定は、シーズン終了後に、オーナーのトム・ゴレスによって行われる。だから、今回のような噂は全く意味が無いんだ。そういったことは、シーズン終了後にトムが全て決めるのだから、現段階で色々と噂をしても意味が無いんだ。現在、我々は1試合1試合を確実に勝つことだけを考えているから、チーム人事はシーズン終了後までは二の次だ。」

ピストンズのマーク・バーンヒル広報も、スタイン記者のリポートを「間違いだ」と一言でバッサリと斬り捨てた。彼は、後に「チームの総責任者はスタン(バンガンディー)であり、先日も我々は今シーズンを振り返り、来シーズンへの準備について話し合ったところだ。我々の総意は『勝つ』ということで一致している。」とコメントしている。

スタイン記者がリポートした日の午後、ESPNの『The Jump』に出演したビラップスは、今回の噂に関して以下のようにコメントした。

「この噂は100%間違っている。私は誰ともそんな話はしていない。このような噂が出回ったことは遺憾だし、不幸なことだ。」

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.