ニュース

罰金上等?!怒りのデローザンが審判を痛烈に批判!!

試合終盤の重要な局面でファールを見逃されたことについて、デローザンが怒りをあらわにした

バスケットボールの試合中に起こるファールは、まるで誰にも気付かれない間に森の中で巨木が倒れるようなものだ。もし審判が接触を見逃しているにも関わらず罰則の笛を吹いた場合、それは本当にファールと呼べるのであろうか?

132対125でオクラホマシティー・サンダーに敗れた現地3月18日の試合後、デマー・デローザンと彼が所属するトロント・ラプターズは、森の中で倒れた巨木のことを放っておかなかった。彼らは、試合時間残り30秒の場面でデローザンがバスケットに向かってドライブした際、サンダーのコーリー・ブリュワーがデローザンのことを激しく叩いたことを見逃さなかった。そのプレイを一番間近で見ていた審判のマーク・デイビスは、ブリュワーはボールだけを叩いたと判断した。

そのプレイの直後、デローザンは即座に激しく抗議し、それにより彼はテクニカル・ファールを2回コールされ、あえなく退場となった。また、デローザンと一緒になって審判に抗議したチームメイトのサージ・イバカとドウェイン・ケイシーHC(ヘッドコーチ)も、彼と共に退場処分を受けた。Toronto Sun紙のフランク・ジケアリ記者によると、ケイシーHCは試合後の囲み取材の前に気持ちを鎮めることができたが、デローザンの怒りは試合後も収っていなかったという。デイビス審判が見ていたかどうかは分からないが、彼は自分が感じたことを以下のように語った。

「あれは明らかなファールだった。みんなも俺達全員が怒っていたのを見ただろう。あれは明らかなファールだったんだ。特に試合終了前のプレイはね。」

実際、あの場面でブリュワーがファールをコールされなかったのは明らかなミスだった。デローザンは、様々な表現を使って、その時の状況を説明した。

「ブリュワーは俺を強烈に殴ってきたんだ。彼は俺を叩いた。俺がレイアップシュートを決めるのを阻止するため、彼は俺に殴りかかってきた。以上だ。俺はファールされたんだよ。」

ケイシーHCは、審判批判によってリーグから罰金を科せられることを警戒して、努めて冷静にコメントした。

「我々がお願いしたいのは、公平で安定したジャッジだ。今さら試合結果が覆るわけではないが、どういった経緯で試合が崩れたのか、我々は正当な手順を踏んで抗議する予定だ。我々は、試合中に間違ったジャッジが幾つかあったことを確認した。だから、我々は正当な手順で抗議するつもりだ。私は、この場で今日の審判のことを批判するつもりは全くない。なぜなら、我々が試合終盤に沢山のミスをしたことも確かだからだ。我々は自爆したんだ。我々は、簡単なシュートやレイアップシュートやフリースローを何度も外したし、何度もターンオーバーを犯した。なにより、相手のサンダーは良いチームだった。しかし我々は、今日の審判が試合を通してどういうコールをしていたか、正当な手順を踏んで抗議するつもりだ。」

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.