ニュース

レイ・アレンは、みんなの気を引きたいだけ?!

近々発売されるレイ・アレンの著書に度々名前が上がったラジョン・ロンドが、「彼はただ注目を集めたいだけ」とバッサリ切り捨てた

ニューオリンズ・ペリカンズのラジョン・ロンドは、コート上の人間関係について、絶えず冷静で慎重な姿勢を貫いてきた。そのため、ボストン・セルティックス時代の元チームメイトのレイ・アレンとの関係について記者に聞かれても、ロンドの側から波風を立たせることはなかったし、多くを語ることもなかった。

対するアレンは、近日発売予定の自著『From The Outside: My Journey Through Life and the Game I Love』の中で、必要以上に媚びた表現を使って度々ロンドについて言及した。アレンとロンドは、セルティックスのチームメイトだった5シーズン(2007〜2012シーズン)の間に、しばしば確執が噂されていた。

昨シーズン、シカゴ・ブルズでプレイしたロンドは、自身のインスタグラム・アカウントを使って当時のチームメイトのジミー・バトラーとドウェイン・ウェイドを暗に否定したという過去を持っている。今回も、
彼は紙媒体を使うことなく自身の考えを公にした。

ロンドは、Boston Globeウェブサイトのゲイリー・ウァシュバーン記者の記事で、アレンに対して以下のように反論した。

「彼は、ただ注目を集めたいだけだ。あれだけ名前を出されたのだから、俺にも印税を払って貰いたいぐらいだよ。売り上げの数パーセントとか、数ドルとかね。」

セルティックスの2代目ビッグ3(アレン、ポール・ピアース、ケビン・ガーネット)は、アレンがマイアミ・ヒートに去った2011-12シーズンで崩壊した。当時、アレンは、自分がまだ契約延長のオファーを貰っていないのに、セルティックスが自分と同じタイプのスリーポイント・シューターのジェイソン・テリーと契約したことを知り、チームに『裏切られた』と感じたという。

アレンがセルティックスを去って以降、ピアースとロンドとガーネットの3人と、アレンとの間には大きな壁ができ、今もなおその関係は修復されていない。

ロンドは、アレンについて更にこう続けた。

「あの男は明らかに傷ついている。財政的になのか、精神的になのかは知らないけれどね。だから、彼は俺達と関係を持ち続けたいんだろう。俺は自分が何者か分かっているし、ずっと自分らしく生きているけれど、彼はきっとそうじゃないんだろう。彼は注目を集めたがっているけれど、俺はそんな人間じゃない。俺は自分の行動に責任を持っているし、自分の人生に何か問題が発生したら、毅然とした態度で対応する。だが、彼は俺とは全く違うタイプの人間なんだ。」

アーカイブ

ステフィン・カリーがレギュラーシーズン通算15000得点を突破した
サンダーがビリー・ドノバンHCの5年目の契約オプションを行使
NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.