ニュース

左膝を痛めたアービングが語る、休養の重要性

先日の試合中、膝の痛みを訴えて途中退場したアービングが、休養の重要性について語った

ボストン・セルティックスのカイリー・アービングが、現地3月11日の対インディアナ・ペイサーズ戦の試合途中に左膝の痛みを訴え、後半の出場を見送った。この日、オールスター選手であるアービングは前半の16分間だけプレイし、7得点、4リバウンド、1スティールという結果に終わった。チームも99対97でペイサーズに敗れている。

試合後、アービングは、負傷箇所を治療するためにはレギュラーシーズン終了までに長めの休養を取る必要があると話した。彼は、自身の度重なる膝の故障によって、セルティックスがイースタン・カンファレンスの2位から転落することは無いと考えているようだ。ESPNのクリス・フォルズバーグ記者が、アービングのコメントを以下のようにまとめている。

アービングは、休養の必要性について、こうコメントした。

「怪我を治すには休養を取るしかない。いつも通りに2〜3日おきに試合をしていたら、治るものも治らないよ。今の僕の膝の状態は、我慢すれば試合に出られるというようなレベルではなくなっている。もう、ある程度の休養が必要な段階にきていると思うよ。
今のところ、僕は満足にプレイできている。しかし、自分が望んでいる程の高いレベルでプレイし続けているかというと、そうとは言えない。ここ最近は、膝の痛みを引きずっているせいで全力でプレイできていないんだ。今はただ、試合に出てプレイしているだけに過ぎないんだ。」

アービングが左膝に痛みを感じ始めたのは、123対120でヒューストン・ロケッツに負けた現地3月3日の試合中だった。その試合の2日後(現地3月5日)に行われた対シカゴ・ブルズ戦は、彼は大事を取って休養することを選んだ。アービングは、クリーブランド・キャバリアーズの一員だった2015年のNBAファイナル第1戦で左膝を骨折しており、それ以降、左膝は彼の古傷となっているのだ。
しかし、彼が休んだのはその1試合だけで、次のミネソタ・ティンバーウルブズ戦には早くも復帰している。

フォルズバーグ記者のリポートによると、セルティックスのブラッド・スティーブンスHC(ヘッドコーチ)も、アービングに長めの休養を与えることに賛成しているようだ。

「もし彼が100%の状態でないなら、我々は彼を休ませる必要がある。それは我がチームの総意であり、だからこそ彼はペイサーズ戦の後半に戻ってこなかったんだ。」

ボストンの地元ラジオ番組に出演したセルティックスのダニー・エインジ球団社長も、アービングの今後のキャリアのためにも休養を与えるべきだとコメントしている。

「カイリーの怪我はそこまで深刻なものではないが、我々は、彼が完全に健康でフレッシュな状態でいることを望んでいる。彼にはいつも大きな負担がかかっている。特にオフェンス面で、彼には非常に大きな負担がかかっている。だから、彼が数試合休んだって誰も文句は言わない。我々のチームは層が厚いから、きっと持ち堪えられる。それに、彼には健康でフレッシュな状態でいてもらわないと困るからね。」

アービングは、1週間前のロケッツ戦の試合後にも左膝に痛みを訴えていた。セルティックスのスティーブンスHCは、「もし検査が必要ならば、彼にどんな検査でも受けさせる」としている。

アービングは今シーズン、1試合平均24.7得点、5.2アシスト、3.8リバウンドを記録中で、フィールドゴール成功率(49.1%)とスリーポイントシュート成功率(40.8%)も高確率を維持している。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.