ニュース

絶好調ロケッツの影にベテランの存在あり!

今シーズンのロケッツが好調を維持できているのは、ベテラン勢の支えによるところが大きいようだ

ヒューストン・ロケッツが、球団史上2番目に長い連勝記録に到達した。現地3月6日の対オクラホマシティー・サンダー戦に勝利したロケッツは、2007-08シーズンに樹立した球団記録の22連勝まであと6勝に迫る16連勝を達成した。

現在のロケッツの連勝で特筆すべきは、アウェイゲームでの強さだ。今シーズン、彼らはアウェイで24勝7敗という好成績を残している。これは、ゴールデンステイト・ウォリアーズの25勝7敗に次ぐ記録だ。
このロケッツのアウェイでの強さの秘訣について、Houston Chronicleのジョナサン・フェイジン記者は、ベテラン選手の支えが大きな要因になっていると指摘している。ロスター表(登録選手リスト)を見ても分かるが、今のロケッツはベテラン選手を多く抱えている。彼らベテランがチームを支えてくれるからこそ、マイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)率いるチームはアウェイでも落ち着いて戦えているようだ。

ダントーニHCも、こうコメントしている。

「クリス・ポールとジェームズ・ハーデン。この2人のポイントガードが、チームのために何でもやってくれる。彼らは決して浮き足立たないんだ。そして、我々のチームには彼ら以外にも沢山のベテラン選手がいる。彼らのお陰で、ホームゲームであろうとアウェイゲームであろうと、いつもと変わらず戦うことができているんだ。」

直近の4試合のうち3試合がアウェイゲームだったロケッツは、ここから更に9試合中7試合をアウェイでプレイしなくてはならない。まず、先日のサンダー戦から始まるアウェイ4連戦の後、バック・トゥー・バック(2日連続で試合があること)でホームの対サンアントニオ・スパーズ戦を迎える。そして、次の1試合をホームでプレイした後、チームは再び遠征に出なくてはならないのだ。このタフな期間を好成績で乗り切ることができれば、ロケッツはウォリアーズを抜いて念願のウェスタン・カンファレンス1位の座を奪取できるかもしれない。

ガードのエリック・ゴードンも、現在のチーム編成に自信を持っているようだ。

「俺達はベテラン・チームだ。俺たちはあまりミスをしない。俺達のオフェンスはリーグ随一だし、ディフェンスも良くなっている。今のようなディフェンスを続ける限り、どのチームが相手であろうと俺たちには勝つチャンスがある。
俺達は連勝のことは全く意識していないよ。これからタフなアウェイ連戦が始まるしね。俺達のチームにはタレントが揃っているから、アウェイ連戦を全勝で終えることだってできるはずだ。確かにタフなアウェイ連戦だけれど、俺達は全勝を狙うよ。」

アーカイブ

最低3球団がエネス・カンターに興味あり?
今日は何の日 〜クワミ・ブラウンが高卒ルーキー初の全体1位指名を受ける〜
カレッジ情報 〜ルイビル大学がウォークオンのキース・オッドーをロスターに追加〜
カレッジ情報 〜コネチカット大学がAACを離れることを発表〜
マルク・ガソルがオプトイン
ロケッツが主力3選手の放出を検討か?
ニックスがカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談か?
グリズリーズがデロン・ライトにクオリファイング・オファーを提示
サンズがケリー・ウーブレイJr.にクオリファイング・オファーを提示
マーク・キューバン氏がファンやメディアの加熱ぶりを危惧
オマー・アシクのサラリーがブルズのサラリーキャップから除外へ
ウルブズがタイアス・ジョーンズにクオリファイング・オファーを提示
ケビン・デュラントがプレイヤーオプションを破棄して完全フリーエージェントに
今夏のニックスの狙いは?
マーベリックスがパトリック・べバリーとニコラ・ミロティッチに興味か?
ホーネッツはケンバ・ウォーカーをキープできるのか?!
レイカーズのオーナーのジーニー・バス氏がロブ・ペリンカGMを支持することを表明
クレイ・トンプソン ~マックス契約をじらすウォリアーズと影に潜むクリッパーズ~
FAの噂:ニックスとジュリアス・ランドルは互いに関心あり?
カレッジ情報 〜波紋を呼ぶカリパリのツイート〜
今日は何の日 〜ヤオ・ミン、1巡目1位指名でロケッツ入団〜
ロケッツはジミー・バトラー狙いか?!
マーベリックスがクリスプタプス・ポルジンギスに5年のマックス契約を提示か?
セルティックスもケンバ・ウォーカー獲得に名乗り?!
アンドレ・イグダーラ「KDとトンプソンは帰ってくる」
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.