ニュース

元新人王に厳しい現実!!

元新人王のデリック・ローズの元には10日間契約のオファーしか届いていないようだ

元新人王のデリック・ローズがフリーエージェントになってから大分時間が経つが、今だに彼はどこからも正式契約のオファーを受けていない。

Bleacher Reportのケン・ベルガー記者によると、ローズは数チームからオファーを受けてはいるものの、そのどれもが10日間契約だという。昨夏、ローズはフリーエージェントとしてクリーブランド・キャバリアーズと契約し、2017-18シーズンをスタートさせた。しかし、彼は現地2月8日のトレード・デッドライン(シーズン中にトレード可能な最終期日)にキャバリアーズからユタ・ジャズにトレードされ、その2日後にはジャズから解雇された。

選手がプレイオフのロスター(選手枠)入りするためには、現地3月1日の深夜0時までに解雇されてフリーエージェントになっておかなければならない(それ以降に移籍した選手はプレイオフに出場できないため)。

ローズの契約状況の近況について、ベルガー記者が以下のようにリポートしている。

「数チームの幹部の話によると、ローズは来シーズンまでどのチームとも正式な契約を勝ち取れない可能性が高いようだ。
現時点で、ローズは数チームから10日間契約のオファーは受けているというが、そのどれもが魅力的な内容ではないという。ローズは、再建中のチームではなく、すぐに優勝が狙えるチームとの長期契約を望んでいるようだ。
ローズに近い人物は、「彼は再建中のチームには行きたがっていないし、自分らしくプレイできるチームでのプレイを望んでいる。彼は自分がどういう選手か知っているからね」と話している。
ローズ陣営は、アンドレ・ロバーソンを怪我で失ったオクラホマシティー・サンダーや、アクセントとなる選手を探しているゴールデンステイト・ウォリアーズや、プレイオフの勝ち抜きを目指すヒューストン・ロケッツといった優勝候補と既に話をしているという。しかし現時点では、どのチームとも具体的な話には至っていないそうだ。
先日、あるチームのGMが『ロサンゼルス・クリッパーズがローズに興味を示しているようだ』と話していたが、トレード・デッドラインにブレイク・グリフィンをデトロイト・ピストンズに放出するビッグ・トレードをしたばかりのクリッパーズが動くかどうかは微妙なところだ。」

少し前には、ミネソタ・ティンバーウルブズがローズに興味を持っているという噂があった。しかし、両者の間で具体的な話は進んでいない。ウルブズのトム・シボドーHC(ヘッドコーチ)は、2010年から2015年までシカゴ・ブルズのヘッドコーチをしていたため、当時ブルズの選手だったローズとは親しい間柄にある。しかも、シボドーの下で、ローズは2010-11シーズンの新人王に輝いている。

ローズは今シーズン16試合に出場し、1試合平均9.8得点、1.6アシスト、フィールドゴール成功率43.9%を記録している。

 

アーカイブ

NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.