ニュース

アトランタ・ホークスがドラフト3位でルカ・ドンチッチを指名か?!

今年のNBAドラフトで、3位指名権を持つアトランタ・ホークスがルカ・ドンチッチを指名する可能性が濃厚になってきた

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者とDraftExpress.comのジョナサン・ギボニー記者によると、現地6月21日のNBAドラフトで、3位指名権を持つアトランタ・ホークスが、スロベニア出身の若手スター選手のルカ・ドンチッチを指名する可能性が濃厚になってきたようだ。

ホークスが、今年のドラフト候補選手の中で最も優れたプレーメイカーと言われるドンチッチを指名する可能性について、ウォジナロウスキー記者が以下のようにまとめている。

「ホークスがドンチッチをドラフト3位指名する可能性が高まったことで、フェニックス・サンズがデアンドレ・エイトンを1位指名し、サクラメント・キングスがマービン・バグリー3世を2位指名することが濃厚になってきた。
だが、もしキングスがバグリーを指名しなかった場合、ホークスが持つ3位指名権を取り巻く状況は明らかに複雑になる。
ホークスは、先日まではジェイレン・ジャクソンJr.をはじめとする数名の選手とドンチッチを天秤にかけている状況だった。また、複数のチームが、トレードアップ(ドラフト指名権をトレードして高順位の指名権を得ること)でホークスが持つ3位指名権を狙っているという噂もある。その中には、ドンチッチ獲得を目指すダラス・マーベリックスも含まれていると言われている。
トレードアップを狙っているチームの関係者は、口を揃えて『ホークスのトラビス・シュレンクGM(ゼネラル・マネージャー)は、3位指名権を手放して、1巡目の下位指名権にトレードダウンしようと考えている』とコメントしているようだ。」

ウォジナロウスキー記者によると、ホークスは、自前の3つの1巡目指名権(3位、19位、30位)のうちの19位指名権と30位指名権を使って、ロッタリーピック(10位以内の高順位の指名権)をもう1つ手に入れることも考えていると噂されている。

ドラフトの情報に詳しいギボニー記者は、ホークスがドンチッチを指名することによって引き起こされる影響について、以下のようにツイートしている。

「ウォジナロウスキー記者がここ数時間で何度もリポートしているように、ホークスがドンチッチを指名する可能性が高まってきている。だが、現時点では、彼らの決心は固まっていない。
しかし、ホークスがジャクソンではなくドンチッチを指名した場合に面白くなってくるのが、メンフィス・グリズリーズが持つ4位指名権の価値だ。今のところ、グリズリーズが4位指名権を絡めたトレードの話を進めているという情報は見受けられないが、今後そういった話が活発になってくるはずだ。」

昨シーズンは、スペインの強豪レアル・マドリードで大活躍したドンチッチだが、ここ最近はNBAドラフトにおける評価(予想指名順位)を若干下げていた。

若干19歳のドンチッチは、身長198cmのコンボガード(ポイントガードとシューティングガードの両方ができる選手)だ。彼は、リーガACBのMVP、ユーロリーグのMVP、ユーロリーグ・ファイナル4のMVPの3つのMVPを史上最年少で受賞した。また、彼は過去に、ユーロリーグのライジングスターと、リーガACBの最優秀若手選手賞を2年連続で受賞している。
ユーロリーグ在籍中に、ドンチッチは61試合に出場し、1試合平均25分間のプレーで平均14.5得点5.2リバウンド4.6アシストを記録した。
彼は飛び抜けて素晴らしいシューターでもディフェンダーでもないが、彼のプレーメイキング能力は突出している。
NBA.comのデイビッド・オルドリッジ記者は、あるNBAスカウトに聞いた話を紹介している。

「チームが彼の起用法を間違わなければ、彼は絶対にNBAで成功するはずだ。彼はスクリーンからのプレーが上手いので、ディフェンスするのが難しい選手だ。私が話を聞いたことがある誰もが、ドンチッチのことを気に入っている。彼ら全員が『ドンチッチは素晴らしい選手になる』と口を揃えて言っているよ。」

アーカイブ

16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
ジョエル・エンビードがジミー・バトラー加入後の役割に不満?!
ポール・ミルサップがつま先を骨折!!
キャバリアーズがジョージ・ヒルをトレード!!
レブロン・ジェームズが親友のカーメロ・アンソニー獲得に関心?!
ブランドン・イングラムが足首の捻挫により2試合の欠場へ
トリスタン・トンプソンに罰金処分
サンロッカーズ渋谷、長谷川智也「これまでの振り返りや展望について」第17回BASKETBALL DINER
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.