ニュース

ウェストブルックとジョージが、パチュリアのラフプレイに苦言

サンダーのラッセル・ウェストブルックとポール・ジョージが、ザザ・パチュリアの危険なプレイに苦言を呈した

オクラホマシティー・サンダーとゴールデンステイト・ウォリアーズの対戦はいつも激しいぶつかり合いになるが、先日の試合はザザ・パチュリアのラフプレイがきっかけでより激しいものとなった。 

ウォリアーズが112対80で勝利した現地2月24日の試合の第3Q終盤、バスケットめがけてドライブインしたサンダーのラッセル・ウェストブルックがウォリアーズのニック・ヤングとリバウンド争いになった。両者はフロアーに倒れこみ、その際に後ろからやって来たパチュリアがウェストブルックの脚の上に倒れこむ形になった。

ウェストブルックの視点からだと、それはアクシデントには見えなかったという。

「あれは明らかに故意だった。誰もパチュリアに触れていなかったのに、奴は俺の脚の上に倒れてきた。奴は俺に怪我をさせようとしたんだ。だが見てみな。俺はピンピンしてるぜ。」

また、パチュリアがダーティーな選手かと聞かれると、ウェストブルックは「ああ、もちろんだ。」と答えた。

チームメイトのポール・ジョージも、ウェストブルックと同意見だ。

「奴は倒れる場所を狙っていた。それが、ザザがザザたる由縁だ。」

ウェストブルックとパチュリアは以前にも激しいぶつかり合いをしている。昨シーズンの現地1月18日の試合で、2人はセンターコート付近で激しくぶつかり合った。その時はパチュリアにフレグラント1(危険なプレイに与えられるファールで、フレグラント2だと1発退場になる)が言い渡された。

パチュリアには、故意に危険なファールをした疑惑が過去にもある。昨年のウェスタン・カンファレンス・ファイナル第1戦で、ジャンプシュートを放ったサンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードの着地地点に故意に足を入れ、彼を捻挫させた一件だ。この捻挫によりレナードは以降のプレイオフを全休することとなり、エースを失ったスパーズはプレイオフ敗退を余儀なくされた。

ウォリアーズとサンダーは、現地4月3日にサンダーの本拠地チェサピーク・エナジー・アリーナで再び相まみえる。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.