ニュース

バトラーの怪我は右膝半月板の損傷と判明

ウルブズのオールスター選手、ジミー・バトラーが右膝の半月板を損傷した

現地2月24日のMRI検査で、ミネソタ・ティンバーウルブズのジミー・バトラーが右膝半月板を損傷していることが判明した。

現時点ではバトラーの復帰時期は明らかにされなかったが、彼の怪我が靭帯ではなく軟骨の怪我だったというのは明るいニュースだ。

バトラーは現地2月23日の対ヒューストン・ロケッツ戦の第3Qに負傷し、チームメイトの肩を借りてコートを去った。チームは、バトラーの怪我が靭帯断裂である可能性を危惧し、ヘッドコーチのトム・シボドーは彼の復帰時期を予想することもためらったという。しかし、『靭帯断裂により今季絶望』という最悪の事態だけは避けられた。

MRI検査の結果を受け、シボドーHC(ヘッドコーチ)は以下のようなコメントを残した。

「重要なのは、ACL(前十字靭帯)断裂の可能性が消えたことだ。もし靭帯断裂だったら、復帰までかなりの時間を要するからね。だから、我々は彼が1日でも早く復帰できることを望んでいるよ。」

現地2月24日の対シカゴ・ブルズ戦では、バトラーに代わってネマニャ・ビエリツァが先発を務めた。
しかし、シボドーHCはビエリツァだけでバトラーの穴を埋められるとは考えていないようだ。

「ジミー(バトラー)ほどの選手の代わりを務めるのは、1人の力だけでは無理だ。何人かで協力しなければ彼の穴は埋められない。」

バトラーの回復具合については、詳細が分かり次第チームから正式に発表される。

ウルブズに移籍して1年目のバトラーは、今シーズン1試合平均22.2得点を記録し、ウェスタン・カンファレンスのプレイオフ争いをするチームを引っ張っている。現在ウェスト4位のウルブズは、13年ぶりのプレイオフ進出を狙える位置につけている。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.