ニュース

ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」

元セルティックスのラリー・バード氏が、自身の壁画からタトゥーを消すように要請した

ラリー・バード氏(元ボストン・セルティックス)は、自身の肖像画が壁画になっていることは喜んでいるものの、身体にタトゥーが描かれていることは気に入っていないようだ。

女性アーティストのジュールス・マック氏が、インディアナポリスにある集合住宅の壁に描いたバード氏の巨大肖像画には、顔から指に到るまでの全身にタトゥーが描かれていた。マック氏は、作品からほぼ全てのタトゥーを消すことを決めたという。

マック氏は「この作品を面白くしようとした」と語っている。壁画は、バード氏がインディアナ・ステイト大のスター選手だった1977年に『スポーツ・イラストレイテッド』誌の表紙を飾った時の写真をモチーフにしている。

このニュースに関して、ESPNのスポーツセンターは「インディアナポリスにあるこの壁画を見たラリー・バード氏は、自身の体にタトゥーが描かれていることに異議を唱えた。彼はアーティストに対し『壁画は残して良いが、タトゥーは消すように』と要請したそうだ」と報じている。

バード氏の代理人のゲイリー・サーリー氏によると、セルティックスの元スター選手でインディアナ・ペイサーズの元重役であるバード氏は、「私は自身のブランドを守る必要がある。私はタトゥーを入れている人間だと思われたくない」と主張しているそうだ。

マック氏は『インディアナポリス・スター』の取材に、「ほとんどのタトゥーは消すけど、左腕に描いた『Indiana』という文字は残すつもり」とコメントしている。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.