ニュース

今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜

2008年8月22日、ボストン・セルティックスがダリアス・マイルズと契約した。

2000年のドラフト1巡目3位でロサンゼルス・クリッパーズから指名されたマイルズは、高卒ルーキーながらオールルーキー・ファーストチームに選出された。その後クリーブランド・キャバリアーズを経て入団したポートランド・トレイルブレイザーズでは2005年にキャリアハイとなる47得点を挙げるなど、将来を嘱望されていた。

しかし、2005-06シーズンの途中で膝を故障すると、翌2006-07シーズンと2007-08シーズンの2シーズンに渡り全休。ブレイザーズ側、マイルズ側の双方合意の上で引退することになった。このときキャリアを終える大怪我による引退の特例で、マイルズの給与はブレイザーズのサラリーキャップに計上されないこと、また残りの1,800万ドルは保険会社が支払うことが決まった。

ところが、引退を決めたはずのマイルズはその4ヶ月後に冒頭の通りセルティックスと契約する。セルティックスとはシーズン前に解雇となったが、その後メンフィス・グリズリーズがマイルズと契約。結局、2008-09シーズン、34試合をグリズリーズでプレーしたあと、マイルズは正式に引退した。

ここで問題となったのは、キャリアを終える大怪我で引退したはずのマイルズが復帰したため、ブレイザーズが得ていた特例が反故になったことである。ブレイザーズはマイルズの給与分を除外してチーム作りを進めていたが、急遽マイルズの給与がキャップに計上され、ラグジュアリータックスの支払いが発生、さらに保険会社が支払うはずだったマイルズの給与の支払いを余儀なくされた。

このときブレイザーズのオーナーが、マイルズと契約したら訴訟すると他球団の全オーナーにメールを送るという事件も起こったが、NBAが他球団とマイルズとの契約を認める声明を発表。ブレイザーズにとっては思いもよらない事故のような出費となってしまった。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.