ニュース

クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー

オクラホマシティー・サンダーは、クリス・ポールのトレードに必死でないように「装っている」と、他チームのフロントは感じているようだ

オクラホマシティー・サンダーは、9度のオールスター選出を果たしているクリス・ポールのトレードパートナーを探す一方、ポールのトレード成立を焦っておらず、彼をチームに残す方向であることを他チームに印象付けたいのだと、ESPNのブライアン・ウィンドホースト記者は報じた。

「他チームのフロントは、サンダーがポールのトレードを検討していないという趣旨のメッセージを流すことを予想している。サンダーは、ポールが必要な選手であり、若手の育成のために、チームに残したいと言うだろう。何故なら、サンダーは他チームのフロントに、ポール放出について焦っていると思われたくないからだ。そして、サンダーは、他チームがポールを必要とする時期が来るのをじっと待つだろう」。

ポールは今オフ、ヒューストン・ロケッツからサンダーに放出されている。このトレードで、サンダーはラッセル・ウェストブルックを手放す代わりに、2つのドラフト1巡目指名権をロケッツから獲得したが、同時に全盛期を過ぎた34歳のポールの莫大なサラリーを吸収することとなった。

サンダーは、ウェストブルックやポール・ジョージの放出により、多数のドラフト指名権を獲得していたことから、これら指名権の一部を使用し、ポールをトレードすることが予想されていた。また、サンダーとロケッツのトレードが成立した直後、ウィンドホースト記者は、「ロケッツは早い段階でのポール放出を検討している」と報じていた。

その後、サンダーは、ポールのトレードについてマイアミ・ヒートと交渉していたと報じられたが、トレード成立には至っておらず、ポールはサンダーの一員として新シーズン開幕を迎えることが濃厚となった。

現時点では、ポールの莫大なサラリーを吸収できるチームを探すのは困難となるだろう。ポールのトレードが成立するとすれば、今オフにFA契約を締結した選手のトレードが解禁される、12月15日以降となることが予想される。

サンダーは、他チームに足元を見られないためにも、暫くの間は平常心を保ち続けながら、トレードの時期を見定めることになりそうだ。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.