ニュース

今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜

2009年8月21日、ロサンゼルス・クリッパーズがマーク・マドセンを解雇した。マドセンはそのまま引退、9シーズンのNBAキャリアに終止符を打った。

そのフィジカルかつエネルギッシュなプレースタイルから「マッド・ドッグ」という異名で親しまれたマドセンは、2000年のドラフト1巡目29位でロサンゼルス・レイカーズに指名された。シャックとコービーの2大エースを擁したレイカーズで、ルーキーイヤーから優勝を経験。2003年にミネソタ・ティンバーウルブズに移籍以降も、短いプレー時間ながら気合の入ったプレーでファンに愛されていた。

そんなマドセンは、キリスト教系の新興宗教、モルモン教の信徒として知られている。2000年のドラフト指名時点で24歳とルーキーとしては高齢だったが、これは高校卒業後にモルモン教布教のため2年間スペインに在住し、その後スタンフォード大学に4年間通ったためである。そのため、マドセンはスペイン語を喋ることができるという。

また、マドセンは引退後コーチに転向したが、当時NBADL(現在のGリーグ)のユタ・フラッシュ(現在のデラウェア・ブルーコーツ)でコーチングキャリアをスタートし、現在はユタ・バレー大学の男子バスケットボールチーム、ウルヴァリンズのヘッドコーチを務めるなど、モルモン教本部のあるユタを中心に活動している。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.