ニュース

ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助

ステフィン・カリーが、ハワード大にNCAAディビジョン1のゴルフ・チームを設立するための援助をするようだ

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、ハワード大にNCAAディビジョン1のゴルフ・チームを設立するための援助をするようだ。

現地8月19日、カリーとハワード大は6年間のパートナーシップを発表した。

パートナーシップの具体的な内容は発表されていないが、同大のアスレチック・ディレクターのケリー・デイビス氏は「(カリーの寄付金は)ハワード大史上最も素晴らしい贈り物のうちの1つだ」とコメントしている。

ハワード大によると、同大は2020-21シーズンに男女のゴルフ・チームの活動をスタートさせる見込みとのことだ。同大は、かつてディビジョン2のゴルフ・チームを持っていたことがある。

カリーは、ハワード大にゴルフ・チームを作ろうとしている学生と話したことがきっかけで、今回のパートナーシップを決めたそうだ。

カリーは「あの晩の出会いがきっかけで、俺はハワード大に再びゴルフ・チームを作りたいと思うようになったんだ。今度はディビジョン1のチームとしてね。あれから約8ヶ月かかって、ようやくここまで来た」と語っている。

高校時代にゴルフをプレーし、現在も頻繁にセレブリティ・ゴルフ・トーナメントに出場しているカリーは、ゴルフの重要性について以下のようにコメントしている。

「ゴルフによって俺の人生は大きく変わった。この競技は自分のメンタルや集中力への挑戦であり、完全にマスターすることは決してできないスポーツだ。だからこそ、才能と情熱がありながらゴルフをプレーできない学生アスリートのことが、放っておけなかったんだ。俺は、ハワード大の豊かな歴史に微力ながら力になれたことを誇りに思っている」

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.