ニュース

今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜

1959年8月19日、リッキー・ピアースがテキサス州ダラスで生まれた。1982年のドラフトでデトロイト・ピストンズに1巡目18位で指名されたピアースは、16シーズンという長いキャリアを築き上げた。特筆すべきはミルウォーキー・バックス時代に2度シックスマン賞を獲得したことである。1989-90シーズンに挙げた平均23.0点は、1試合もスタートで試合に出なかった選手が取った史上最も高い平均得点であり、この記録はいまだに破られていない。

複数回シックスマン賞を受賞した選手は、ケビン・マクヘイル、デトレフ・シュレンプ、ジャマール・クロフォード、ルー・ウィリアムズ、そしてピアースの5人のみである。そのうちクロフォードとウィリアムズはそれぞれ3回ずつ同賞を受賞している。

クロフォードは昨季フェニックス・サンズでプレーしたが、今季はまだ契約先を見つけていない。39歳という年齢もあって、4度目の受賞は難しいかも知れない。一方のウィリアムズはまだ32歳で、4度目の受賞の可能性を残している。仮にウィリアムズが今季、史上初の4度目のシックスマン賞を受賞するほど活躍すれば、カワイ・レナードとポール・ジョージという2人のスタープレーヤーの補強に成功したロサンゼルス・クリッパーズは、優勝候補筆頭に躍り出るだろう。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.