ニュース

今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜

1992年8月18日、ボストン・セルティックスのフォワード、ラリー・バードが引退を発表した。

バードと言えば、3度のMVP受賞、2度のファイナルMVP受賞、9回のオールNBAファーストチーム入り、12回のオールスターゲーム入りを果たした名選手である。80年代にセルティックスを3度優勝に導いている。

輝かしいキャリアを送ったバードだが、彼の魅力をより一層引き出したのはマジック・ジョンソンとのライバル関係である。バードとマジックのライバル関係は大学時代に遡る。バードは4年生の時、当時無名だったインディアナ州立大学をNCAAトーナメントのファイナルまで導いた。そのファイナルの相手がマジック・ジョンソン率いるミシガン州立大学だった。NCAAトーナメント史上最高視聴率を記録したこの試合は、75対64でミシガン州立大学が勝利した。

NBAでは、バードが東の名門セルティックスに、マジックが西の名門ロサンゼルス・レイカーズにドラフトされた。二人とも期待通りの活躍でチームを引っ張ると、三度ファイナルで対決。対戦成績はレイカーズの2勝1敗だった。

そんな二人は、デビューも同じ1979年だったが、引退も同じ1992年になった。バードはキャリア晩年をずっと背中の痛みを抑えて過ごしていた。一方のマジックは、1991-92シーズン開幕直前にHIV感染を知った。当時はまだHIVへの理解が低く、マジックとプレーすることで感染するのではないかとマジックの競技復帰を恐れるプレーヤーがいたためマジックはプレーを断念。二人はバルセロナオリンピックを最後に引退した(のちにマジックは1シーズンのみ復帰している)。

80年代のNBA人気に大きく貢献したバードとマジックだったが、そのバトンはバルセロナオリンピックを境にマイケル・ジョーダンに受け渡されたのであった。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.