ニュース

今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜

2007年8月17日、エディ・グリフィンが飲酒運転による交通事故で亡くなった。享年25歳だった。

グリフィンはフィラデルフィアのローマンカトリック高校時代から、雑誌『パレード』で最優秀選手に選出されたり、マクドナルド・オールアメリカンに出場するなど、注目の選手だった。しかしその才能と同時にトラブルメーカーぶりも当時から有名で、グリフィンはチームメイトとの喧嘩が原因で高校4年生の途中から通信教育に切り替えて卒業している。

進学したシートンホール大学でも選手としては順調に成長。1年生ながらに平均17.8点、10.7リバウンド、4.4ブロックを記録し、一時はドラフト1位指名を予想されていた。しかし素行不良も相変わらずで、またもチームメイトとの喧嘩が原因で学校を去ることになると、そのままドラフトにエントリーした。

素行不良が祟り、ドラフトではシートンホール大学での成績からすれば物足りない1巡目7位でニュージャージー・ネッツから指名を受けた(その後すぐにヒューストン・ロケッツにトレード)。1年目は平均8.8点、5.7リバウンド、1.8ブロックを記録してオールルーキー・セカンドチーム入りを果たした。しかし、2年目も成績は伸びず、この頃からアルコール依存症の問題を抱えていることが表面化してきた。

練習の無断欠席やチームメイトとの喧嘩でロケッツを解雇になったあと、2003-04シーズンはリハビリ施設に通って症状の改善に努めた。2004年から所属したミネソタ・ティンバーウルブズでも成績は上がらなかったが、ウルブズはその後契約を延長。スタッツ上は苦戦しつつもなんとか選手生活を続けていた。しかし、2006年3月、一度目の交通事故を引き起こすと、アルコール依存症が解決していないことが発覚。さらには事故を起こしたとき、車でポルノビデオを観ていたという証言も飛び出した。

結局ウルブズからは2007年の3月に解雇され、その後はユーロリーグ入りを目指し練習をしているとされていたが、冒頭の事故により帰らぬ人となってしまった。バスケットのキャリアどころか人生を失う原因となったアルコール依存症は、学生時代から抱えていたそうである。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.