ニュース

今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜

1978年8月16日、初代シックスマン賞のジョーンズがシクサーズに加入した

1978年8月16日、フィラデルフィア・セブンティシクサーズはジョージ・マクギニスと1978年の1巡目指名権をデンバー・ナゲッツに放出し、ボビー・ジョーンズ、ラルフ・シンプソン、1984年1巡目指名権を獲得した。

ジョーンズのスタッツは当時スター選手だったマクギニスに相当見劣りするが、数字に表れない非常にユニークな才能を持っていた。ジョーンズの偉大な業績を紹介しよう。

真っ先に挙げるべきタイトルは、1983年に新設されたシックスマン・アワードの初代受賞者となったことだろう。12年のNBAキャリアで先発出場していたのはわずか2シーズンしかなく、ほとんどがベンチからの出場だった。にもかかわらず、オールディフェンシブ・ファーストチーム入りを8度、セカンドチーム入りを1度達成し、オールスターゲームにも4度出場した。

さらに、キャリア12シーズン全でプレーオフに進出している点も見逃せない。移籍先のシクサーズでは、1983年にチャンピオンリングも手にした。引退後は背番号24がシクサーズの永久欠番になり、今年4月には殿堂入りも果たしている。シックスマンでこれだけの栄誉を手にしたのは、後にも先にもジョーンズだけだろう。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.