ニュース

今日は何の日 〜ドリームチームⅡが世界選手権で優勝〜

1994年8月14日、ドリームチームⅡと呼ばれたアメリカ男子バスケットボール代表が、トロントで行われた世界選手権の決勝でロシアを137対91の大差で破り優勝した。

ドリームチームⅡには、初代に選ばれなかったアイザイア・トーマス(※選出はされたものの怪我で不出場)やドミニク・ウィルキンスといったベテラン、選手として脂ののっていたレジー・ミラーやダン・マーリー、初代の学生枠に選ばれてもおかしくなかった若手のシャキール・オニールやアロンゾ・モーニングなどが選出された。

興味深いのは、ヘッドコーチに当時ゴールデンステート・ウォリアーズを率いていたドン・ネルソンが選ばれたことだ。ネルソンは1992年にNBA最優秀コーチ賞を受賞していたので、実績だけ見れば不思議なことではない。しかし、ネルソンは現在では有効な戦術となったスモールボール(インサイドプレイヤーにこだわらず、5人全員小さくても走れて外が打てる選手を使うスタイル)を、トレンドに先立つこと20年以上前に実践していたことで有名なコーチだ。ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたクリス・ウェバーが、センターで起用されるのに不満でトレードを要求したというエピソードもある。

蓋を開けてみれば、ネルソンはトラディショナルなチーム構成で、シャキール・オニールやアロンゾ・モーニングなどのビッグマンを使いこなして優勝を果たした。チーム最多の平均18.0点を挙げたオニールがMVPになっていることからもそれはわかる。

ミラーは世界選手権でのネルソンについてこう語っている。
「ネルソンは不規則なラインナップでスイッチディフェンスを多用することで有名だった。でも、世界選手権では、彼は変わったラインナップを使う必要がなかったんだ。素晴らしいペネトレーター、シューター、ビッグマンが揃っていたからね。あの時の彼がひょっとしたら本当のコーチ・ネルソンの姿なのかも知れない」

ただ、この時チーム編成にネルソンは関わっていなかった。選手をネルソンが選んでいたらどういうラインナップを組んだだろうか。興味深い歴史のifである。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.