ニュース

今日は何の日 〜ペリカンズがロバート・サクレと契約〜

 

2016年8月11日、ニューオリンズ・ペリカンズがロバート・サクレと契約した。サクレは2012年ゴンザガ大学卒業後、ドラフト最終60位でロサンゼルス・レイカーズに指名された。2シーズン目は65試合出場で平均16.8分、5.4点、3シーズン目は67試合出場で平均16.9分4.6点とローテーション入りしていたが、4シーズン目はロイ・ヒバートの加入や若手の台頭もあり、25試合出場に留まっていた。

フリーエージェントとなりペリカンズと保証無しの1年契約を交わしたサクレだったが、右足の怪我などもあり、プレシーズン1試合を終えたところで解雇となった。NBA復帰を目指すには、Dリーグ(現Gリーグ)やCBAでプレーしつつコールアップを目指すのが王道だが、サクレは2017年1月7日、B.LEAGUEのサンロッカーズ渋谷と契約して日本のNBAファンを驚かせた。

NCAAでは優秀な選手だったものの、NBAでは生き残れなかったサクレがB.LEAGUEでどれだけ活躍できるかは未知数だったが、シーズン途中からの加入にも関わらず1年目から15.0点、8.8リバウンドの成績を残し、サンロッカーズのチャンピオンシップ出場に大きく貢献。さらに2年目には16.5点、7.5リバウンド、3年目は19.4点、9.2リバウンドと大学時代以上の活躍を見せた。

そんなサクレだったが、2019年7月31日に「家族との時間を増やしたい」という理由で電撃引退を発表。プレーだけでなく、コート外でも愛されていたサクレの引退に、ファンの間からは別れを惜しむ声が後を絶たなかった。B.LEAGUE初期を盛り上げてくれたサクレの活躍は、日本のバスケファンの間で後世に語り継がれていくことだろう。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.