ニュース

今日は何の日 〜ドワイト・ハワードがレイカーズに移籍〜

2012年8月10日、4チームを巻き込む大型トレードが起こった。デンバー・ナゲッツがアーロン・アフラロ、アル・ハリントン、2013年の2巡目指名権、そして2014年の1巡目指名権をオーランド・マジックにトレード。ロサンゼルス・レイカーズがクリスチャン・アイエンガ、ジョシュ・マクロバーツ、そして2017年の2巡目指名権をマジックに、アンドリュー・バイナムをフィラデルフィア・セブンティシクサーズにトレード。マジックがアール・クラーク、クリス・デューホン、そしてドワイト・ハワードをレイカーズに、ジェイソン・リチャードソンをシクサーズにトレード。シクサーズがアンドレ・イグダーラをナゲッツに、モーリス・ハークレスとニコラ・ブーチェビッチ、そして2018年の1巡目指名権をマジックにトレードした。

2009-10シーズンを最後に優勝から遠ざかっていたレイカーズだったが、このトレードに先立つ2012年7月11日にシーズンMVP2度の受賞歴を誇る司令塔のスティーブ・ナッシュを獲得していた。そして冒頭のトレードで当時5年連続でオールNBAファーストチーム入りし、現役最強センターと目されていたドワイト・ハワードがチームに加入。コービー・ブライアントとパウ・ガソルというエース2人と新規加入の2人、計4人のオールスターをロスターに加える豪華ラインナップの形成に成功した。

3年ぶりの優勝を期して臨んだ2012-13シーズンだったが、レイカーズは予想だにしない事態に陥る。まずマイク・ブラウンヘッドコーチが導入したプリンストン・オフェンスが機能せずプレシーズン8戦全敗。ブラウンはレギュラーシーズン第4戦で解任となった。また、司令塔のナッシュがシーズン2戦目で負傷。ブラウンの代わりに就任したナッシュの恩師マイク・ダントーニの戦術への適応にハワードが苦しむなど、様々なピンチがレイカーズを襲った。なんとかプレーオフ進出を確定させたレイカーズだったが、シーズン終了間際に今度はコービーがアキレス腱を断裂。チームはプレーオフ一回戦で敗退した。そしてシーズンが終了するとコービーとの不仲が取りざたされていたハワードがヒューストン・ロケッツへ移籍。レイカーズにとっては悪夢のようなシーズンとなってしまった。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.