ニュース

ケビン・デュラントが自身の怪我と移籍についてコメント

ケビン・デュラントが、アキレス腱の断裂とブルックリン・ネッツへの移籍について語った

今年のNBAファイナル第5戦でアキレス腱を断裂したケビン・デュラントは、今オフに入って以降は沈黙を保ってきた。

今オフにフリーエージェントでデュラントを獲得したブルックリン・ネッツのケニー・アトキンソンHC(ヘッドコーチ)とショーン・マークスGM(ゼネラルマネージャー)でさえ、デュラントのインスタグラムでネッツ入りを知ったそうだ。

そんなデュラントが、約2ヶ月間の沈黙を破って、怪我をした当時の心境やフリーエージェントでの決断について語った。

デュラントのスペシャル・インタビューに成功したYahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者が「ウォリアーズは君の怪我に関する判断を誤ったと思うか?」と率直に質問すると、デュラントは少し困惑した表情を見せて以下のように答えた。

「とんでもない。どうして彼らを責めないといけないんだ? そんな思いは全く持っていないよ。ウォリアーズが俺の早期復帰を強要したと言っている人がいるようだが、リハビリ中の俺にそんな指示を出した人間は1人もいなかった。NBAファイナル第5戦で急きょ復帰したのは、俺とリック(ウォリアーズのスポーツ医療とパフォーマンスの主任を務めるリック・セレブリーニ氏)の判断だった。俺はリックと毎日ワークアウトしていたからね。俺は、NBAファイナルが始まる時に第5戦での復帰を目標に掲げた。だが、結局あんな結果になった。それもまたバスケットボールだ」

また、ウォリアーズを去ってネッツに行くことを決めた理由について聞かれたデュラントは、「俺がそこに行きたかったからだ」と説明している。さらに、ニューヨーク・ニックスと契約するという噂があったことについては、「そんなのバカげている」と答えている。

最後に、リハビリの状況について聞かれたデュラントは「俺の気持ちは今でもコートの上にある。今は、俺の気持ちに体を追いつかせようとしている段階だ。それさえ上手くいけば、あとは問題ない」とコメントした。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.