ニュース

今日は何の日 〜ラシャード・ルイスが生まれる〜

1979年8月8日、ラシャード・ルイスがルイジアナのパインビルで誕生した。1998年のドラフトに高卒でエントリーしたルイスは、グリーンルームへの招待を受けながらも1巡目で指名されずテレビの前で涙を流したことが話題になった。しかし、それをばねに練習に励んだルイスはシアトル・スーパーソニックスで活躍すると、2007年のオーランド・マジックへの移籍の際には6年118百万ドル(1ドル110円換算で約130億円)という巨額の契約を手にするまでに成長した。キャリア晩年のマイアミ・ヒート時代にはチャンピオンリングも獲得している。

そのルイスは、2003年にシアトルのメンバーとしてジャパンゲームズに参加している。シアトルはレイ・アレンが欠場、対するロサンゼルス・クリッパーズもエルトン・ブランドが欠場と、互いにエースを欠く中でスポットライトを奪ったのがルイスだった。10月31日に行われた初戦では25得点を奪いチームを勝利に貢献。圧巻だったのは翌11月1日の第2戦だ。ルイスはフィールドゴール25本中18本成功、フリースローも13本中10本沈め、キャリアハイの50点を叩き出したのだ。チームも124対105で勝利。これまで12試合行われているジャパンゲームズの中でも、屈指のハイライトとして記憶されている。

 

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.