ニュース

ディンウィディーがスキルズ・チャレンジで優勝!!

ネッツのスペンサー・ディンウィディーが、ラウリー・マルッカネンを退けて今年のスキルズ・チャレンジを制した。

優勝:スペンサー・ディウィンディー(ブルックリン・ネッツ)

準優勝:ラウリー・マルッカネン(シカゴ・ブルズ)

ガード対ビッグマンの対決形式になって今年で3年目となるスキルズ・チャレンジで、はじめてガードの選手が優勝を飾った。といっても、優勝者は大柄なガード選手だ。

ブルックリン・ネッツの身長198cmのガード、スペンサー・ディンウィディーが決勝でシカゴ・ブルズのラウリー・マルッカネンを退け、今年のスキルズ・チャレンジを制した。

スキルズ・チャレンジの勝敗を分けるのは、最初の「チェスト・パス」と最後の「トップ・オブ・ザ・キー(リング正面のスリーポイントライン)からのスリーポイントシュート」の2つだ。最初のチェスト・パスを早く決めれば序盤にリードを奪えるが、もし最後のスリーポイントシュートに苦戦すれば、相手はすぐに後ろから迫ってくるだろう。決勝の対戦で、ディンウィディーは最初のチェストパスをすぐに決めてマルッカネンに大きな差をつけた。彼はスリーポイントシュートの1本目をミスしたが、序盤に圧倒的なリードを作っていたため、マルッカネンがスリーポイントラインに到達する前に2本目のスリーポイントシュートを成功させて勝負を決めた。

ディンウィディーは、イベント終了後の記者会見でこう語った。

「パスであれディフェンスであれ得点であれ、色々な形で試合に影響を与えられることこそが、僕の持ち味だ。幸運なことにスキルズ・チャレンジには『リバウンド』という種目が無かったので、私は優勝できたんだと思うよ。」

準決勝で、ディンウィディーは昨年のスキルズ・チャレンジ王者のジャマール・マレー(デンバー・ナゲッツ)を下した。マレーは序盤にリードを奪ったが、最後の課題であるスリーポイント・シュートの1本目を外した。すると、すぐに後から追いついたディンウィディーが1本目であっさりとスリーポイントシュートを沈め、決勝へと駒を進めた。マルッカネンは準決勝でフィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードと対戦した。終盤まで互角の展開だったが、スリーポイント・シュートを1本目で決めたマルッカネンに軍配が上がった。

1回戦でも、ディンウィディーは1本目のスリーポイントを決め、2本外していたバディ・ヒールド(サクラメント・キングス)に勝利した。マレーは最初のチェストパスを決めてルー・ウィリアムズ(ロサンゼルス・クリッパーズ)に差を付けたが、手を緩めることなく3本目でスリーポイントシュートを決めて準決勝に進んだ。

ビッグ側の1回戦では、ボストン・セルティックスのアル・ホーフォードが、エンビードに対して前半でリードを奪っていたが、1本目のスリーポイントシュートを外したことで敗退した。また、マルッカネンはチェストパスとスリーポイントシュートをいずれも1本目で決め、アンドレ・ドラモンド(デトロイト・ピストンズ)を1回戦で退けた。

昨年王者のクリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)は、今月初旬に膝の前十字靭帯を断裂したことで連覇の望みを絶たれた。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.