ニュース

今オフ中盤のパワーランキングをチェック!(イースタン・カンファレンス編)

NBA.comのジョン・シューマン記者が、今オフ中盤のイースタン・カンファレンスのパワーランキングを発表した

NBA.comのジョン・シューマン記者が、今オフ中盤のイースタン・カンファレンスのパワーランキングを発表した。

シューマン記者は、イースタン・カンファレンスの上位2チームにミルウォーキー・バックスとフィラデルフィア・76ersの名前を挙げた。両チームとも今オフのフリーエージェントで貴重な選手を放出したが、それでもまだ彼らは若いMVP級の選手を中心にイースタン・カンファレンスのトップを走るはずだ。そのほか、昨シーズンのNBAチャンピオンでありながら今オフのフリーエージェントでエースのカワイ・レナードを失ったトロント・ラプターズや、同じく今オフのフリーエージェントでエースのカイリー・アービングを失ったボストン・セルティックスが続くであろうと、シューマン記者は予想している。ブルックリン・ネッツは今オフにアービングとケビン・デュラントを獲得したが、デュラントがアキレス腱断裂のため来シーズンを棒に振る可能性が高いため、大きく勝ち星を伸ばすことはできないだろう。

NBAドラフト1巡目全体8位指名で八村塁を獲得したワシントン・ウィザーズは、エースのジョン・ウォールがアキレス腱断裂で来シーズン中の復帰が難しいことに加え、今オフにフロントコートの選手を大量に放出したため、来シーズンは苦しい1年になることが予想されているが、八村個人にとってはプロ入り1年目から多くのプレータイムを得られる良いチャンスとなるだろう。

以上のような状況を加味して、シューマン記者がランク付けした現時点でのイースタン・カンファレンスのパワーランキングは以下の通り。

1位:ミルウォーキー・バックス
2位:フィラデルフィア・76ers
3位:トロント・ラプターズ
4位:ボストン・セルティックス
5位:ブルックリン・ネッツ
6位:インディアナ・ペイサーズ
7位:マイアミ・ヒート
8位:オーランド・マジック
9位:デトロイト・ピストンズ
10位:アトランタ・ホークス
11位:シカゴ・ブルズ
12位:ワシントン・ウィザーズ
13位:ニューヨーク・ニックス
14位:シャーロット・ホーネッツ
15位:クリーブランド・キャバリアーズ

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.