ニュース

今日は何の日 〜ミネソタがガーネットをトレード〜

2007年7月31日、ミネソタ・ティンバーウルブズがケビン・ガーネットをボストン・セルティックスにトレードした。ボストン側からの見返りはアル・ジェファーソン、ライアン・ゴメス、セバスチャン・テルフェア、ジェラルド・グリーン、テオ・ラトリフ、そして二つの1巡目指名権で、一人の選手への対価としてはNBA史上最も大きなものだった。自前のスター、ポール・ピアース、6月28日にシアトル・スーパーソニックスからトレードで獲得していたレイ・アレンの二人にガーネットを加え「ビッグ・スリー」を揃えたボストンは、2008年のファイナルで宿敵ロサンゼルス・レイカーズを破り、見事に22年ぶりの優勝を果たした。

一方、エースを失ったミネソタはアル・ジェファーソンを中心に再建を図るも失敗、2010年にはジェファーソンをユタ・ジャズに放出することになった。その後はケビン・ラブ、リッキー・ルビオといった若手の成長もあり、2013-14シーズンには40勝42敗と勝ち越しまであとわずかに迫った。しかし、2014年オフにエースに成長していたラブの不満が爆発、チームはラブを放出して再び再建に入ることになる。結局ミネソタが久しぶりのプレーオフ出場を果たしたのは2017-18シーズン。ガーネットのトレードは、ミネソタの失われた10年を生む結果となった。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.