ニュース

カワイ・レナード「ロサンゼルス・クリッパーズ以外のチームと契約する寸前だった」

カワイ・レナードが、ロサンゼルス・クリッパーズ以外のチームと契約する方向で気持ちが固まっていたことを明かした

ロサンゼルス・クリッパーズの入団会見にポール・ジョージと共に現れたカワイ・レナードが、今オフのフリーエージェントで決断を下すまでの秘話を明かした。

ESPNのレイチェル・ニコルズとのインタビューで、レナードは「ロサンゼルス・レイカーズとトロント・ラプターズのどちらか一方と契約する方向で気持ちが固まっていた。本当にサインをする寸前まで気持ちが固まっていたんだ。だが、クリッパーズがポールを獲得し、彼とプレーする機会が巡ってきた。それで、俺はクリッパーズに行くことを決めたんだ」と語った。

入団記者会見でも、レナードはずっとジョージと一緒にプレーしたいと考えていたことを強調した。彼らは共に南カリフォルニア州の出身なのだ。

ニコルズとのインタビューで、レナードはジョージについて以下のように語っている。

「自分と同年代で、しかも自分と同じぐらいの才能を持つ選手の中で、ジョージはトップクラスの選手だ。彼のような選手と一緒にプレーするのは、おそらく自分にとって初めてのことだ。興奮しているよ」

また、レイカーズのマジック・ジョンソン元球団社長がレナードとレイカーズとのフリーエージェント交渉に関する情報をリークした影響についてYahoo Sportsのクリス・ヘインズ記者が聞くと、レナードは以下のように答えた。

「まさに運命のいたずらだ。彼らが俺を待つつもりがないなら、それでも構わなかった。彼らは俺とサインできる大きなチャンスを握っていた。俺は彼らと契約する直前まで行っていた。だが、俺は結局(ロサンゼルスの)もう一方のチームを選んだんだ」

また、レナードと一緒に会見に臨んだジョージは、彼ら2人がインディアナ・ペイサーズで共にプレーするチャンスがあったことについて触れた。ジョージは2010年のNBAドラフトでペイサーズに入団し、レナードは翌年のNBAドラフトでペイサーズに指名されたが、ドラフト当日のトレードでサンアントニオ・スパーズにトレードされた。

ジョージは「俺たちはずっと一緒にプレーしたいと思っていた。来シーズンから同じチームになるのは運命に違いない。俺たちは一緒にプレーする運命だったんだ」と語っている。

 

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.