ニュース

デンバー・ナゲッツがジャマール・マレーと正式に契約延長!

デンバー・ナゲッツがジャマール・マレーと正式に契約延長した

デンバー・ナゲッツのバスケットボール運営部門代表のティム・コネリー氏が、ジャマール・マレーと5年の延長契約を結んだと発表した。

22歳のマレーは、昨シーズンはキャリアベストの活躍を見せ、チームをウェスタン・カンファレンスの2位シード(54勝)に導いた。昨シーズン、彼は75試合に出場して(うち74試合に先発)、平均得点(18.2得点)、平均アシスト(4.8アシスト)、平均リバウンド(4.2リバウンド)でキャリアハイの数字を記録したほか、フィールドゴール成功率43.7%、3ポイントシュート成功率36.7%、フリースロー成功率84.8%を記録した。

昨年11月5日(現地時間)のボストン・セルティックス戦と同12月29日のフェニックス・サンズ戦でキャリアハイの48得点を記録したマレーは、球団史上で初めてアウェイ・ゲームで46得点以上、6リバウンド以上、8アシスト以上を同時に達成した選手となった。彼は、わずか3シーズンのキャリアで、球団史上4人目の3500得点越えを達成している。(これまでの達成者は、キキ・バンダウェイ、デイビッド・トンプソン、カーメロ・アンソニーの3人)

カナダのオンタリオ州出身のマレーは、自身初のプレイオフとなった今年のプレイオフで、ナゲッツにとって10年ぶりとなるカンファレンス・セミファイナル進出に大きく貢献した。彼はプレイオフに入って更に調子を上げ、1試合平均36.3分間のプレーで平均21.3得点、4.7アシスト、4.4リバウンド、フィールドゴール成功率42.5%、フリースロー成功率90.3%を記録した。

ケンタッキー大出身のマレーは、2016年のNBAドラフト1巡目全体7位指名でナゲッツに入団した。彼はこれまでの3シーズンで238試合に出場し(うち164試合に先発)、1試合平均28.5分間のプレーで平均14.8得点、3.5リバウンド、3.4アシスト、3ポイントシュート成功率36.2%という成績を残している。彼は得点、リバウンド、アシストの数字を毎シーズン着実に伸ばしている。彼が20得点以上した試合で、ナゲッツは42勝22敗(勝率65.6%)という成績を記録している。

マレーは「このような素晴らしい人生を送られることを神に感謝しています。また、カナダの小さな町の出身の若者を信じてくれたナゲッツにも感謝しています。ナゲッツ・ファンのみんなに沢山のアロー(マレーは3ポイントシュートを決めた後に弓矢を射るポーズをする)を披露するのを楽しみにしているよ」とコメントしている。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.