ニュース

果たしてボッシュが復帰する可能性はあるのか?!

血栓により現役引退状態にあるクリス・ボッシュが、今シーズン中の現役復帰を目指していることがわかった

NBAオールスターの常連だったクリス・ボッシュは、血栓が見つかったことにより2015-16シーズン以降NBAでプレイしていない。しかし、そういった健康への不安を抱えつつも、彼は現役復帰に前向きな姿勢を見せている。

ESPNの『First Take』に出演したボッシュは、「俺はずっとジムでトレーニングしている。俺はまだバスケットボールをプレイできるんだ。そう、俺はまだ終わっていないんだ。俺はカムバックを狙っているよ」と語った。

もしボッシュがプレイオフでの試合出場を望むのならば、彼は現地3月1日までにどこかのチームと契約を交わさなければならない。ボッシュは『勝てるチーム』との契約を望んでおり、候補としてヒューストン・ロケッツ、ゴールデンステイト・ウォリアーズ、トロント・ラプターズの3チームを挙げた。

ボッシュが現役復帰した場合に懸念されるのは、再び血栓が悪化することだ。ボッシュ自身もそれらの懸念を理解しており、彼も自らの命を危険にさらす事態は避けたいと思っているようだ。

「俺だって自分の命を危険にさらす状況には置きたくない。たとえ周りの人が心配しても、もし俺が現役復帰したのならば、それは俺がもう危険な状況じゃないってことを意味しているんだ。」

昨年の11月、ボッシュは「現役復帰の可能性を残しておく」と発言していた。

2014-15シーズン、ボッシュは44試合に出場したが、オールスター休暇中の健康診断により血栓が見つかったため、その後のシーズン全休を余儀なくされた。その1年後、彼は53試合に出場したが、NBAオールスターゲームに出場するために訪れたトロントで検査を受けた際に別の血栓が見つかり、またもやオールスターの時期に残りのシーズンを全休することとなった。

それ以降、ボッシュはNBAでプレイしていない。

彼はここまで13シーズンの現役生活のうち、7シーズンをラプターズで、6シーズンをマイアミ・ヒートでプレイした。彼はキャリアを通して1試合平均19.2得点、8.5リバウンドを記録している。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.