ニュース

今日は何の日 〜アトランタ・ホークスがソ連で試合を行う〜

1988年7月25日、アトランタ・ホークスがソビエトオールスターズに85対84で勝利、ソビエト連合で試合を行った初めてのNBAチームとなった。いまだアメリカとソ連の間では冷戦が続いていたが、1985年にミハイル・ゴルバチョフがソ連共産党書記長に就任して以降、米ソが徐々に関係改善の方向に向かっている中での出来事だった。アトランタは15日間で3試合を行い、2試合目はオーバータイムの末110対105で勝利、3試合目は123対132で敗れた。アキレス腱断裂からのリハビリ中でアルビダス・サボニスが不在の中アメリカに善戦し自信をつけたソ連は、その後のソウルオリンピックでアメリカを倒し、ソ連として出場した最後のオリンピックで金メダルを獲得している。

この時の遠征でソ連チームとして試合に出場したアレクサンドル・ボルコフとシャルーナス・マルチュリョニスの二人は、1989-90シーズンにソ連初のNBA選手としてアメリカでプレーした。政治的には1989年11月9日にベルリンの壁が崩壊、12月には地中海のマルタ島でジョージ・ブッシュ大統領とゴルバチョフ書記長が冷戦終結を宣言していた。また、FIBAがプロスポーツ選手がオリンピックでプレーすることを認めたため、NBAに参加してもオリンピックでは自国のために戦えることが保証されたということも大きな引き金となった。現在では国際化が進んでいるNBAだが、その端緒となったのは長年の政治的ライバル、ソ連の選手だった。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.