ニュース

今季ブレイクしそうな若手:パスカル・シアカム編

大波乱となった今オフもようやく終盤を迎えた今、NBA解説者やファン達は来期のNBAがどうなるかを予想し始めているようだ。今オフは特に、例年と比して多くのスーパースターがチームを変更した為、リーグ全体がどう変わるか非常に楽しみである。

多くが彼らスーパースターの活躍に注目する中、今回は未だスポットライトを浴びていないが、今季にもブレイクしそうな若手選手を紹介したい。ここでいう「ブレイクしそうな若手」の定義は、25歳以下のオールスター選出経験のない選手で、今季に初めてオールスター選出が期待される選手としよう。

今回は、昨季チャンピオン、トロント・ラプターズのパワーフォワードであるパスカル・シアカムについて語りたいと思う。

昨季のNBA最成長選手賞(MIP)受賞者であるシアカムを、今季ブレイクしそうな若手に含めない訳にはいかないだろう。最も成長を遂げた選手として評価された彼の勢いは留まる所を知らない。大きな怪我がなく、順調に行けば、彼は間違いなく今季のオールスター選出が期待される選手だ。

NBA.comの「Advanced Stats」で調べた結果、カワイ・レナードが出場していない間、シアカムの昨季の平均(1試合36分出場したとして)は20.7得点、8.4リバウンド、3.6アシストとなっている。これは、昨季ファイナルズ最優秀選手(MVP)であるレナードを除くと、シアカムがチームのトップスコアラーである事を意味する。

また、シアカムのオフェンス負担を表すユーセージ%(USG%)は、レナードとのラインナップ時は19.4%であるのに対し、レナード不在時は21.9%であったという結果が出ている。これが何を意味するかというと、レナード無き今季、シアカムがチームに一番頼られる存在になるという事だ。さらに、上記数字は彼が期待に応えられる事を裏付けている。

この様に、今季ラプターズのベストプレーヤーとして期待が高いシアカムは、昨季よりも多くの仕事を任される事になり、1試合23得点を平均する選手にとなる事が予想される。加えて、彼の優良なディフェンスが組み合わされば、彼はきっと今季のオールスターに選出される事となるだろう。

スポヲタ:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.