ニュース

オクラホマシティ・サンダーが新ユニフォームのデザインを発表

オクラホマシティ・サンダーが新ユニフォームのデザインを発表した

オクラホマシティ・サンダーが2019-20シーズンの新ユニフォームのデザインを発表した。そのうちの1つは、オクラホマシティ・ナショナル・メモリアル・ミュージアムとのパートナーシップによりデザインされた全く新しいシティーエディション・ユニフォームだ。

このシティーエディション・ユニフォームは、オクラホマシティのダウンタウンにあるアルフレッド・P・ミューラー・連邦政府・ビルディングが1995年4月19日(現地時間)に爆破された事件から25年目になることを機にデザインされた。サンダーとナイキ社は、この爆破事件の被害者や遺族への敬意をデザインに込めた。また、このデザインは、オクラホマの基本精神である『誇りと優しさ』に着目し、オクラホマで発生した惨事の記憶を後世に伝えることを目的にしている。

このシティーエディション・ユニフォームのデザインには追悼を意味するシンボルが含まれている。胸には、金色に縁取られた『Oklahoma City』の文字があり、両脇の2本のラインがショーツまで繋がっている。さらに、ショーツには『事件が起こった9時1分まで、街は無垢だったが、事件後の9時3分には街が回復に向けて一致団結した』ということを意味する『9:01』と『9:03』という文字が記されている。ショーツの両サイドにある白いラインは、安心と平和を供給する浅瀬である『Reflecting Pool』を意味している。そして、ユニフォームのタグの上部には『Service』、『Honor』、『Kindness』という文字が刻まれている。この3つの文字は、地域コミュニティー内でお互いを気遣い合うオクラホマ市民の精神を反映している。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.