ニュース

イングルズが27得点のキャリアハイ!!ジャズが対戦成績を1勝1敗のイーブンに!!

キャリアハイの27得点を叩き出したジョー・イングルズの活躍により、ジャズがロケッツを下して対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻した

現地5月2日に行われたウェスタン・カンファレンス・セミファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズの第2戦は、キャリアハイの27得点を叩き出したジョー・イングルズの活躍もあり、ジャズが116対108で勝利してシリーズの対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻した。

ジャズでは、イングルズがキャリア最多タイの7本のスリーポイントシュートを含む27得点、新人王最有力候補のドノバン・ミッチェルが17得点11アシストと健闘を見せた他、控えのジェイ・クラウダー(15得点10リバウンド)とアレック・バークス(17得点)もチームの勝利に貢献した。ミッチェルが20点未満しか得点できず、チームのリーディング・スコアラー(最多得点者)にならなかったのは、ジャズが戦った今プレーオフの8試合で初めてのことだ。

ロケッツでは、2大エースのジェームズ・ハーデン(32得点11アシスト)とクリス・ポール(23得点)がチームを牽引したが、一歩及ばず、レギュラーシーズンから数えて5連勝中と相性の良いジャズに対して久々の敗北を喫する結果となった。

第1戦は、前半に25点のリードを許し、そのまま110対96でロケッツに敗北したジャズが、この第2戦では前半に一時19点リードを奪うスタートダッシュを見せた。第3Q(クォーター)に入るとロケッツが反撃を開始し、そこから終盤までは両チーム一進一退の攻防が続いたが、イングルズの連続スリーポイントシュートなどで得点を重ねたジャズがアウェイでの貴重な1勝をモノにした。

第1戦で僅か4本しかシュートを打つことができず、11得点に終わったジャズの大黒柱のゴベアは、この試合の前半だけで13得点を叩き出した(フィールドゴール7本中5本成功)。後半は得点が伸びなかったものの、彼はディフェンスで存在感を発揮し(15得点14リバウンド3ブロック)、チームの勝利に大きく貢献している。

第3戦は、現地5月4日に、会場をジャズの本拠地ビビント・スマート・ホーム・アリーナに移して行われる。

 

 

アーカイブ

ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.