ニュース

イングルズが27得点のキャリアハイ!!ジャズが対戦成績を1勝1敗のイーブンに!!

キャリアハイの27得点を叩き出したジョー・イングルズの活躍により、ジャズがロケッツを下して対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻した

現地5月2日に行われたウェスタン・カンファレンス・セミファイナル、ヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズの第2戦は、キャリアハイの27得点を叩き出したジョー・イングルズの活躍もあり、ジャズが116対108で勝利してシリーズの対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻した。

ジャズでは、イングルズがキャリア最多タイの7本のスリーポイントシュートを含む27得点、新人王最有力候補のドノバン・ミッチェルが17得点11アシストと健闘を見せた他、控えのジェイ・クラウダー(15得点10リバウンド)とアレック・バークス(17得点)もチームの勝利に貢献した。ミッチェルが20点未満しか得点できず、チームのリーディング・スコアラー(最多得点者)にならなかったのは、ジャズが戦った今プレーオフの8試合で初めてのことだ。

ロケッツでは、2大エースのジェームズ・ハーデン(32得点11アシスト)とクリス・ポール(23得点)がチームを牽引したが、一歩及ばず、レギュラーシーズンから数えて5連勝中と相性の良いジャズに対して久々の敗北を喫する結果となった。

第1戦は、前半に25点のリードを許し、そのまま110対96でロケッツに敗北したジャズが、この第2戦では前半に一時19点リードを奪うスタートダッシュを見せた。第3Q(クォーター)に入るとロケッツが反撃を開始し、そこから終盤までは両チーム一進一退の攻防が続いたが、イングルズの連続スリーポイントシュートなどで得点を重ねたジャズがアウェイでの貴重な1勝をモノにした。

第1戦で僅か4本しかシュートを打つことができず、11得点に終わったジャズの大黒柱のゴベアは、この試合の前半だけで13得点を叩き出した(フィールドゴール7本中5本成功)。後半は得点が伸びなかったものの、彼はディフェンスで存在感を発揮し(15得点14リバウンド3ブロック)、チームの勝利に大きく貢献している。

第3戦は、現地5月4日に、会場をジャズの本拠地ビビント・スマート・ホーム・アリーナに移して行われる。

 

 

アーカイブ

ホークス傘下のGリーグ・チームの名称が『スカイホークス』に決定
ニコラ・ミロティッチが新天地で初出場!
サンダーがマーキーフ・モリスと正式に契約
ラプターズがベテラン・ガードのジョディ・ミークスと10日間契約
ゴラン・ドラギッチとデリック・ジョーンズJr.が待望の復帰へ!
ジョエル・エンビードが少なくとも1週間の戦線離脱へ
ステフィン・カリーとバラク・オバマ前米大統領がマイノリティーの少年たちにメッセージ
NBAがアフリカでプロリーグ設立へ
NBA ALL-STAR 2019 PUBLIC VIEWING PARTY presented by Rakuten TV
第68回NBAオールスターゲームはチーム・レブロンが勝利!!
NBAが来年のNBAオールスターのロゴを発表!
ステフィン・カリーが懐かしい服を着て登場!!
今年のスラムダンク・コンテストはハミドゥー・ディアロが優勝!
今年の3ポイントコンテストはジョー・ハリスが優勝!
今年のスキルズ・チャレンジはジェイソン・テイタムが優勝!
今年のライジング・スターズはアメリカ代表チームが勝利!
アダム・シルバーNBAコミッショナーが『スマート・ジャージー』技術を発表
ペリカンズがGMを解任!
ラッセル・ウェストブルックが球団の歴代最多得点選手に!
スティーブ・カーHCに罰金処分
マーキーフ・モリスがサンダーとの契約に基本合意!!
ジェームズ・ハーデンが31試合連続で30得点越えを達成!!
クリント・カペラはオールスター休暇後に復帰か?!
NBAとプーマが複数年のパートナーシップを発表
エネス・カンターがブレイザーズとの契約に基本合意
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.