ニュース

ニコラ・ミロティッチが2〜4週間の離脱へ

バックスのニコラ・ミロティッチが、左親指の怪我により2〜4週間の戦線離脱となるようだ

現地3月21日、ミルウォーキー・バックスは、ニコラ・ミロティッチの左親指の怪我が「捻挫と骨折」と診断されたと発表した。The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、ミロティッチは2〜4週間の戦線離脱となるようだ。

同2月7日のトレード・デッドライン当日にニューオリンズ・ペリカンズからバックスにトレードされたミロティッチは、バックスの貴重な3ポイント・シューターとして活躍していた。しかし彼は、ペリカンズでプレーしていた今シーズン序盤は脹脛の怪我の影響でなかなか波に乗れずにいた。

もしミロティッチが4週間フルに離脱する場合、彼の復帰はプレーオフに突入してからになる。プレーオフは同4月13日に始まるので、おそらく1回戦の終盤か、イースタン・カンファレンス・セミファイナルのどこかになるだろう。

バックスは、既に先発ガードのマルコム・ブログドンを足底筋膜の断裂で欠いている。ブログドンは、6〜8週間の戦線離脱になると見られている。

バックス移籍後の14試合で、ミロティッチは1試合平均11.6得点、5.4リバウンド、1.4アシスト、3ポイントシュート成功率35.6%を記録している。

ブログドンは、今シーズンは64試合に出場し(全て先発)、1試合平均28.6分間のプレーで平均15.6得点(キャリアハイ)、4.5リバウンド、3.2アシスト、フィールドゴール成功率50.5%(キャリアベスト)、3ポイントシュート成功率42.6%(キャリアベスト)を記録している。

負傷したブログドンに代わってミロティッチが先発に昇格したが、彼はそこから2試合にしか出場できなかった。

現在、バックスのフロントコートはミロティッチとパウ・ガソルの2人を欠いているため、ここ最近プレータイムが短くなっていたDJ・ウィルソンに再びチャンスが訪れるだろう。

シーズンを通してイースタン・カンファレンスの首位を守り抜いているバックスは、同21日現在で53勝18敗という好成績を記録している。レギュラーシーズンを10試合残した段階で、バックスはイースト2位のトロント・ラプターズに3ゲーム差をつけている。彼らの残り10試合のうち6試合は、勝率5割以上の強豪チームとの対戦だ。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.