ニュース

クリッパーズがベテランのウィリアムズと複数年の契約延長!

クリッパーズがベテランのルー・ウィリアムズと複数年の延長契約を結んだと発表した

ロサンゼルス・クリッパーズが、ベテランのガード選手、ルー・ウィリアムズと複数年の延長契約を結んだと発表した。チーム規約にのっとり、契約の詳細は発表されていない。

クリッパーズの球団運営社長のローレンス・フランクは、チームがウィリアムズを高く評価しているとコメントした。

「ルーは我々のチームにとって非常に価値のある選手だ。コート上においても、ロッカールーム内においても、彼はとても価値のある存在だ。彼はプロフェッショナルで、試合に集中し、闘争心に溢れている。彼がクリッパーズの選手として素晴らしいキャリアを続けてくれることに、我々は興奮している。」

ウィリアムズも、クリッパーズでプレイできることを喜んでいる。

「私は、クリッパーズの選手としてロサンゼルスに残れることを非常に嬉しく思っている。クリッパーズはとても前向きな文化を持った組織だし、バスケットボールのチームとして彼らが目指す方向性も気に入っている。我々は素晴らしいグループだ。私は今まで数々のチームを転々としてきたが、いつも自分の意志でチームを選べた訳ではない。今回は自分が残りたいと思ったチームに残れて、とても感謝しているよ。」

NBAの控え選手としてトップの得点力(22.0得点)を持つウィリアムズは、プロ入り13シーズン目の今シーズン、キャリアハイとなる1試合平均23.3得点、5.3アシスト、スリーポイント成功率38%、フリースロー成功率90%、出場時間32.5分を記録中だ。彼はこの1月に全NBA選手の中で最多の423得点を上げている他、今シーズン中に30得点以上の試合を15回以上達成した9人の選手のうちの1人だ。また、ウィリアムズは今シーズン、ウェスタン・カンファレンスの週間最優秀選手に2回選ばれている(第11週と第13週)。

ウィリアムズは、アウェイでゴールデンステイト・ウォリアーズを下した現地1月10日の試合で、後半だけで37得点という球団記録を含む、キャリアハイの50得点を叩き出した。これは、1990年の12月1日(現地時間)にチャールズ・スミスが52得点して以降の球団史上最高得点だ。ウィリアムズは、現地1月20日の対ユタ・ジャズ戦で球団記録の1試合10アシストも達成している。この試合で、彼はNBA史上初となる1試合30得点以上、10スティール以上、7アシスト以上を記録した。また、現地1月26日の対メンフィス・グリズリーズ戦では、1970-71シーズンに控え選手のスタッツが記録されるようになって以降で初となる、ベンチからの出場で40得点以上、10アシスト以上という偉業を達成した。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.