ニュース

ニックスがカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談か?

ニックスはカワイ・レナードやケビン・デュラントと面談するようだ

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントと、トロント・ラプターズのカワイ・レナードという2人の大物選手がプレイヤー・オプションを破棄して完全フリーエージェントになった。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は以前より「ニューヨーク・ニックスはデュラントとレナードの獲得に興味を持っている」と報じていたが、The Athleticのフランク・イゾラ記者によると、ニックスは早くも両選手との面談のスケジュールを押さえたようだ。さらにニックスは、彼らとの面談が終わった後に、ロサンゼルスで複数の“第2候補”のフリーエージェント選手たちと面談する模様だ。

SNY.tvのイアン・バグリー記者によると、ニックスは特にレナードの方に興味を持っているそうだ。彼らは、レナードの相棒としてフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のジミー・バトラーの獲得も狙っていると言われている。バグリー記者によると、複数のチームが『レナード&バトラー』をセットで獲得したいと考えているそうだ。

しかし、レナードとバトラーが昨シーズン所属していたチーム(ラプターズとシクサーズ)は、他チームよりも良い契約条件を彼らに提示できるため圧倒的に有利な立場にいる。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.