ニュース

クレイ・トンプソン ~マックス契約をじらすウォリアーズと影に潜むクリッパーズ~

FA(フリーエージェント)交渉の正式な解禁日まであと4日と迫っているにも関わらず、未だにゴールデンステイト・ウォリアーズはクレイ・トンプソンに具体的な話をしていないようだ。

トンプソンは怪我に関わらず、ウォリアーズから5年1億9000万ドル(約210億円)のマックス額でオファーを受けることが予想されていただけに何も告げられていないのは不思議だ。

ESPNの「Free Agency Special」にて、今夏のFAについて対談していたザック・ロー記者とエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、ウォリアーズがマックス契約未満の契約を提示してきた場合、トンプソンは他球団とのミーティングを計画すると報じた。

ロー氏は、ウォリアーズはおそらくトンプソンにマックス契約を提示するだろうが、それについての話が未だに全くされていないと語った。

また、ウォジナロウスキー記者は、トンプソンがウォリアーズを離れる可能性について以下の通り述べている。

「もし現地時間30日までにマックス契約が提示されない場合、トンプソンは他球団とのミーティングを行うことになるだろう。私の情報によると、そうなればトンプソンはロサンゼルス・クリッパーズの勧誘に耳を傾けることが濃厚となる。もしクリッパーズがトンプソンとのパートナーシップを売りにカワイ・レナード(ラプターズ)を勧誘するチャンスが得られるとしたら、どのFA選手にとっても魅力的なオファーとなるだろう。もちろん逆もしかりだ。」

繰り返しになるが、ウォリアーズはトンプソンにマックス契約を提示することが有力視されている。しかし、ウォリアーズが未だにトンプソンに何も告げていないことが記者や評論家の間で疑問視されているようだ。

NBAファイナルズ第6戦でトンプソンが大怪我をしたことにより、彼のFAのオプションが複雑化したのかも知れない。しかし、ウォリアーズのボブ・マイヤーGM(ゼネラルマネージャー)は、たとえ怪我により来期に全休を余儀なくされたとしてもトンプソンやケビン・デュラントに対する球団の見通しは変わらないと明言していた。

ウォリアーズのフロントオフィスは何を企んでいるのだろうか。今後数日間のウォリアーズの動向から目が離せない。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.