ニュース

ロケッツは来シーズンも戦力を維持できるのか?

画像がみつかりません。

ロケッツのダリル・モーリーGMが、来シーズンへの抱負を語った

ここ最近の12年間、ヒューストン・ロケッツはダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)の力によってウェスタン・カンファレンスの強豪チームとして君臨し続けてきた。彼らは2年連続でNBAファイナルまであと一歩というところにまで迫ったが、その夢は叶わなかった。一部ではエースのジェームズ・ハーデンとクリス・ポールとの不仲説や、主力選手の放出が噂され、『ロケッツは再建に向かうのか?』との見方もあるが、モーリーGMはその可能性をキッパリと否定した。

NBAアウォーズ2019の会場でモーリーGMを直撃したHouston Chronicleのジョナサン・フェイガン記者は、彼のコメントを以下のようにまとめている。

「我々は先発の5人だけでなく、トップレベルの選手と中堅選手も揃えるつもりだ。我々はまだまだ西の強豪の座に君臨する。我々の現在のロスターはリーグ随一だ。そこに1人でも良い選手を加えられれば、我々はもっと上に行けるはずだ。多くのチームが先発の5人を揃えることに苦労しているが、我々にはすでに有能な先発メンバーが揃っているんだ。
私はサラリーキャップを空けるための策が嫌いなんだ。サラリーキャップは、選手の獲得を難しくする。だが、全ての契約にはサラリーキャップが関わってくる。ここ数日は、サラリーキャップの問題であまり積極的に動けなかった。だが、これは競争なんだから、戦わなくてはだめだ。
今オフのフリーエージェント市場には有能な選手が溢れているし、彼らを獲得できる可能性はある。数名の選手は既に行き先が決まっているのに近い状態だが、それ以外の選手はどうなるか分からない。彼らは内密に事を進めているからね」

さらに、モーリーGMは、来シーズンについてポールと話したことも明かしている。
「私はポールと来シーズンのことを話し合い『みんなを見返してやろう』と誓い合ったんだ。ポールとハーデンが不仲だなんて、私には理解できない。彼らの関係は始まったばかりで、これからもずっと続くんだ。ポールとの話し合いは非常に建設的な内容だったよ」

 

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.