ニュース

今日は何の日 〜カナダの2チームがエクスパンション・ドラフトを行う〜

1995年6月24日、NBA史上10度目のエクスパンション・ドラフトが行われた。エクスパンション・ドラフトとは、新たなチームがリーグに加わった時に既存のチームから選手を指名し獲得できるというシステムだ。ただし誰でも指名できるわけではなく、既存のチームがプロテクトしなかった選手の中から選ぶことができる。

この年のエクスパンション・ドラフトでは既存のチームは8名の選手をプロテクト可能だったため、指名は各チームの9番手以降の選手からのみ可能だった。この年できた新たなチームとは、今年優勝したトロント・ラプターズと、今はメンフィスにフランチャイズを移転したバンクーバー・グリーズというカナダの2チームだ。1946-47シーズン、トロントにハスキーズというチームが存在したが、1シーズンで解散してしまった。それ以来約50年振りとなるカナダをフランチャイズにしたNBAチームの誕生だった。

ドラフトに先駆け、トロントとバンクーバーはコインフリップを行なった。勝ったバンクーバーはドラフトでの高順位指名を選び、負けたトロントがこのエクスパンション・ドラフトでの優先指名権と、バンクーバーより一人多い14選手を指名する権利を得た。トロントが1位指名したのは、シカゴでマイケル・ジョーダンと共に優勝を経験したB.J.アームストロングだったが、B.J.アームストロングはトレードを要求、結局このシーズンからゴールデンステイトでプレーすることになった。

トロントはドラフトでポイントガードのデイモン・スタウダマイヤーを獲得できたため、トロントでのプレーに難色を示していたアームストロングをトレードの駒に使うことが可能だったのだ。一方のバンクーバーはスタウダマイアーより上位の6位でブライアント・リーヴスを指名、エクスパンション・ドラフトではニューヨーク・ニックスのグレッグ・アンソニーを1位指名した。このように開幕前の動きはバンクーバーの方が順調に見えたが、シーズンが始まるとトロントのスタウダマイアーが新人王を受賞する大活躍を見せた。初年度のトロントは21勝61敗、バンクーバーは15勝67敗という成績だった。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

今日は何の日 〜ソロモン・ヒルがペリカンズと契約〜
ジェームズ・ハーデンがサッカーチームのマイノリティ・オーナーに!
カイル・ラウリーが親指を手術
今日は何の日 〜アイザイア・トーマスがペイサーズのヘッドコーチに就任〜
ミネソタ・ティンバーウルブズがルーキーのナズ・リードと複数年契約
シカゴ・ブルズがシャキール・ハリソンとルーク・コーネットと契約
ユタ・ジャズがウィリアム・ハワードとスタントン・キッドと契約
フリーエージェント情報:トロント・ラプターズがロンディ・ホリス・ジェファーソンと正式契約
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・クリッパーズがジャマイカル・グリーンと正式に再契約
フリーエージェント情報:JR・スミスがミルウォーキー・バックスと面談へ
クリス・ポールはサンダーの一員として開幕を迎えるのか?!
セルティックスがケンバ・ウォーカーとエネス・カンターの入団を発表
今日は何の日 〜エリオット・ペリーがサンアントニオに復帰〜
スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位
「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のケンダル・ジェンナーはNBA界でもお騒がせ?
来期ブレイクしそうな若手:ジョン・コリンズ編
今日は何の日 〜キッドがニュージャージーへトレードされる〜
ピストンズがオフ・ウェイバーでクリスチャン・ウッドを獲得
フリーエージェント情報:サンズがチェイック・ディアロと2年契約
レジー・ブロックの頚椎椎間板ヘルニア手術が成功
フリーエージェント情報:ミルウォーキー・バックスがタナシス・アデトクンボと契約
ブランドン・イングラムは順調に回復中
デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及
サンダーの衝撃的トレード2つを振り返る
来期のスーパースター・コンビ【TOP10】:第10位
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.