ニュース

今日は何の日 〜カナダの2チームがエクスパンション・ドラフトを行う〜

1995年6月24日、NBA史上10度目のエクスパンション・ドラフトが行われた。エクスパンション・ドラフトとは、新たなチームがリーグに加わった時に既存のチームから選手を指名し獲得できるというシステムだ。ただし誰でも指名できるわけではなく、既存のチームがプロテクトしなかった選手の中から選ぶことができる。

この年のエクスパンション・ドラフトでは既存のチームは8名の選手をプロテクト可能だったため、指名は各チームの9番手以降の選手からのみ可能だった。この年できた新たなチームとは、今年優勝したトロント・ラプターズと、今はメンフィスにフランチャイズを移転したバンクーバー・グリーズというカナダの2チームだ。1946-47シーズン、トロントにハスキーズというチームが存在したが、1シーズンで解散してしまった。それ以来約50年振りとなるカナダをフランチャイズにしたNBAチームの誕生だった。

ドラフトに先駆け、トロントとバンクーバーはコインフリップを行なった。勝ったバンクーバーはドラフトでの高順位指名を選び、負けたトロントがこのエクスパンション・ドラフトでの優先指名権と、バンクーバーより一人多い14選手を指名する権利を得た。トロントが1位指名したのは、シカゴでマイケル・ジョーダンと共に優勝を経験したB.J.アームストロングだったが、B.J.アームストロングはトレードを要求、結局このシーズンからゴールデンステイトでプレーすることになった。

トロントはドラフトでポイントガードのデイモン・スタウダマイヤーを獲得できたため、トロントでのプレーに難色を示していたアームストロングをトレードの駒に使うことが可能だったのだ。一方のバンクーバーはスタウダマイアーより上位の6位でブライアント・リーヴスを指名、エクスパンション・ドラフトではニューヨーク・ニックスのグレッグ・アンソニーを1位指名した。このように開幕前の動きはバンクーバーの方が順調に見えたが、シーズンが始まるとトロントのスタウダマイアーが新人王を受賞する大活躍を見せた。初年度のトロントは21勝61敗、バンクーバーは15勝67敗という成績だった。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.