ニュース

クリス・ポールはロケッツを出たがっている?!

クリス・ポールとジェームズ・ハーデンとの関係が修復不可能なほど悪化しているようだ

Yahoo Sportsのビンセント・グッドウィル記者のリポートが本当ならば、ヒューストン・ロケッツは今オフに大きな決断を迫られることになるだろう。

グッドウィル記者によると、ロケッツの2大スター選手のジェームズ・ハーデンとクリス・ポールの関係が修復不可能なほど悪化しているそうだ。

彼らの関係は、ポールがトレードを要求し、ハーデンが「アイツか俺のどちらかを選べ」とチームに訴える段階に入っているそうだ。

2人の関係について、グッドウィル記者は以下のようにリポートしている。

「2人はシーズン中に2ヶ月近く口をきかなかったそうだ。そんな彼らの状況は、選手をはじめとする球団関係者全員に緊張感を与えた。今オフに入って、ポールは何度かハーデンに連絡したが、ハーデンは一度も返信しなかったという噂もある。昨シーズン、彼らは練習中や試合中に何度も言い合いをしていたそうだ。Yahoo Sportsの情報筋は『彼らの間にリスペクトはなく、別のチームになることをお互いが望んでいる』とコメントしている。
ハーデンは、ポールが怪我がちなことや、彼の不快な人間性が気に入らないそうだ。
ポールは、ハーデンがボールを長く持ち過ぎることで、ポイントガードとしての自分の仕事ができないと、シーズン終了後にダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)に直訴したそうだ。試合中も、ハーデンがセカンドユニットに入ってくると、ポールはマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)に直訴して自らベンチに下がっていた。
別の情報提供者は『2人の関係は修復不可能だ』とコメントしている」

もしロケッツがポールのトレードを決断したとしても、年齢とサラリーの関係で彼をトレードすることは容易ではない。現在34歳のポールのサラリーは、来シーズンからの3年間で3850万ドル(約42億円)、4130万ドル(約45億円)、4420万ドル(約49億円)と年々増えていくため、他チームにとって、彼をトレードで獲得することは大きなリスクとなるのだ。

2018-19シーズンのロケッツの成績は43勝29敗だった。

 

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.