ニュース

クリス・ポールはロケッツを出たがっている?!

クリス・ポールとジェームズ・ハーデンとの関係が修復不可能なほど悪化しているようだ

Yahoo Sportsのビンセント・グッドウィル記者のリポートが本当ならば、ヒューストン・ロケッツは今オフに大きな決断を迫られることになるだろう。

グッドウィル記者によると、ロケッツの2大スター選手のジェームズ・ハーデンとクリス・ポールの関係が修復不可能なほど悪化しているそうだ。

彼らの関係は、ポールがトレードを要求し、ハーデンが「アイツか俺のどちらかを選べ」とチームに訴える段階に入っているそうだ。

2人の関係について、グッドウィル記者は以下のようにリポートしている。

「2人はシーズン中に2ヶ月近く口をきかなかったそうだ。そんな彼らの状況は、選手をはじめとする球団関係者全員に緊張感を与えた。今オフに入って、ポールは何度かハーデンに連絡したが、ハーデンは一度も返信しなかったという噂もある。昨シーズン、彼らは練習中や試合中に何度も言い合いをしていたそうだ。Yahoo Sportsの情報筋は『彼らの間にリスペクトはなく、別のチームになることをお互いが望んでいる』とコメントしている。
ハーデンは、ポールが怪我がちなことや、彼の不快な人間性が気に入らないそうだ。
ポールは、ハーデンがボールを長く持ち過ぎることで、ポイントガードとしての自分の仕事ができないと、シーズン終了後にダリル・モーリーGM(ゼネラルマネージャー)に直訴したそうだ。試合中も、ハーデンがセカンドユニットに入ってくると、ポールはマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)に直訴して自らベンチに下がっていた。
別の情報提供者は『2人の関係は修復不可能だ』とコメントしている」

もしロケッツがポールのトレードを決断したとしても、年齢とサラリーの関係で彼をトレードすることは容易ではない。現在34歳のポールのサラリーは、来シーズンからの3年間で3850万ドル(約42億円)、4130万ドル(約45億円)、4420万ドル(約49億円)と年々増えていくため、他チームにとって、彼をトレードで獲得することは大きなリスクとなるのだ。

2018-19シーズンのロケッツの成績は43勝29敗だった。

 

アーカイブ

カイル・ラウリーが親指を手術
今日は何の日 〜アイザイア・トーマスがペイサーズのヘッドコーチに就任〜
ミネソタ・ティンバーウルブズがルーキーのナズ・リードと複数年契約
シカゴ・ブルズがシャキール・ハリソンとルーク・コーネットと契約
ユタ・ジャズがウィリアム・ハワードとスタントン・キッドと契約
フリーエージェント情報:トロント・ラプターズがロンディ・ホリス・ジェファーソンと正式契約
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・クリッパーズがジャマイカル・グリーンと正式に再契約
フリーエージェント情報:JR・スミスがミルウォーキー・バックスと面談へ
クリス・ポールはサンダーの一員として開幕を迎えるのか?!
セルティックスがケンバ・ウォーカーとエネス・カンターの入団を発表
今日は何の日 〜エリオット・ペリーがサンアントニオに復帰〜
スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位
来期ブレイクしそうな若手:ジョン・コリンズ編
「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のケンダル・ジェンナーはNBA界でもお騒がせ?
今日は何の日 〜キッドがニュージャージーへトレードされる〜
ピストンズがオフ・ウェイバーでクリスチャン・ウッドを獲得
フリーエージェント情報:サンズがチェイック・ディアロと2年契約
レジー・ブロックの頚椎椎間板ヘルニア手術が成功
フリーエージェント情報:ミルウォーキー・バックスがタナシス・アデトクンボと契約
ブランドン・イングラムは順調に回復中
デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及
サンダーの衝撃的トレード2つを振り返る
来期のスーパースター・コンビ【TOP10】:第10位
FA振り返り:サンズ編
今日は何の日 〜シャリーフ・アブドゥル・ラヒームがシドニーオリンピック代表に滑り込む〜
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.