ニュース

リポート:サンズの若手選手がコーチと口喧嘩?!

コーチと口喧嘩をしたサンズのマーキーズ・クリスが、チームから1試合の出場停止処分を受けた

今シーズン、フェニックス・サンズは激動のシーズンを送っている。彼らは、開幕から2週間も経たないうちにヘッドコーチを解雇し、続いてチーム2番目のスコアラーだった先発ポイントガードをトレードした。おそらく、サンズは今年もリーグの最下位付近でシーズンを終えるだろう。

サンズは若手選手に好きなようにプレイさせているが、マーキーズ・クリスは自由の度が過ぎたようだ。彼は、チームのアシスタント・コーチと口喧嘩をしたため、チームから1試合の出場停止処分を受けたのだ。

クリスは、伸び悩んでいるサンズの若手選手のうちの1人だ。そして、彼の賞味期限は徐々に切れつつある。彼は今シーズン、1試合平均21分の出場で平均7得点、5リバウンドしかしていない。これは、サンズがロッタリー・ピック(ドラフトで高順位で指名すること)した選手に期待した数字では到底ない。

Arizona Republicのスコット・ボルドウ記者が、事の詳細を以下のように説明した。

「ESPNのリポートによると、サンズが129対97でユタ・ジャズに大敗した現地2月2日の試合後、クリスはチームのストレングス・コーチと口論をしたため、チームから1試合の出場停止を言い渡された。口論の原因は、クリスが試合後にやっているルーティーンに関することだと、ESPNは報じている。
サンズのマクドノーGMもジェイ・トリアーノ暫定HC(ヘッドコーチ)も、詳細を明らかにはしなかった。
トリアーノ暫定HCは『クリスの処分は出場停止ではない』とし、マクドノーGMも『あくまでクリスに頭を冷やす時間を与えただけ』とした。どれだけ記者がクリスの処罰について質問しても、マクドノーGMは『我々は内部で事態を掌握済みだ』と口を閉ざした。
クリスは現地2月3日土曜日のチーム練習に参加せず、翌4日の対シャーロット・ホーネッツ戦も欠場した。
マクドノーGMは、『彼は良い青年だが、たまたま悪い事態を起こしてしまった。我々は、彼が新たな気持ちで月曜日の朝のチーム練習に戻ってくることを期待している』と話した。
また、トリアーノ暫定HCは、『彼はチームの規則に違反した。詳細は発表しないが、我々は既にこの事態に対処済みで、これ以上この件に関して話すつもりはない』と付け加えた。」

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.