ニュース

ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?

スリーピート(3連覇)を狙っていたゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンは、3勝2敗で迎えたトロント・ラプターズとのNBAファイナルズ第6戦で左膝に重傷を負ってしまったようだ。

接戦で迎えた第3クオーター、ドライブからのダンクを放ったトンプソンは、ファールを受け、バランスを崩しながら着地した際に左膝を痛めた様子だった。

その後、フリースローを2本とも決めた後に途中退場したトンプソンが試合に復帰することは無く、結果は114対110でウォリアーズが敗れている。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者がトンプソンのエージェントであるグレッグ・ローレンス氏から聞いた情報によると、トンプソンは左膝の前十字靭帯を損傷してしまったという。

第5戦でケビン・デュラントがアキレス腱断裂という重傷を負った直後のウォリアーズにさらなる悲報となってしまった。

NBA選手にとって最大の怪我とされるアキレス腱断裂と十字靭帯損傷は、復帰までに約半年から1年を要すると言われている。更に、復帰後は怪我前のレベルでパフォーマンスを発揮できなくなるケースも多い。

デュラントとトンプソンが相次いで重傷を負ってしまったウォリアーズの来期は非常に厳しい状況になるだろう。また、2人は今オフにFA(フリーエージェント)となるため、リーグ全体へ影響を与えることも予想される。

ウォジナロウスキ―記者は、相次いで重傷者が出たウォリアーズの来期について、自身のSNSに以下の通り述べている。

「例えウォリアーズがFAでトンプソンやデュラントと再契約をできたとしても来期のプレイオフ進出は難題になるだろう。トンプソンのリハビリは来年2月か3月まで続くだろうし、デュラントは来期全体を欠場することが予想される。」

過去5年間にわたりカンファレンス・ファイナルズを制覇し、NBAファイナルズ2連覇を果たしているウォリアーズの黄金時代はこのまま終わってしまうのだろうか。

少なくともステフィン・カリーはそうは思っていないようだ。

「来期は来期さ。僕らは正しいメンタリティーを持ってまた戻ってくるよ。」

試合後のインタビューで自分に言い聞かせるようにそうコメントしたカリーは次のように続けた。

「まだ終わったとは思ってないよ。僕らのストーリーはまだまだ終わらないんだ。」

トンプソンとデュラントの悲報は、本人はもちろんのこと、ウォリアーズやチームメート、そしてリーグ全体にも打撃を与えてしまうことになるだろう。

2人の怪我がウォリアーズや今オフのFA市場にどういう影響を及ぼすかはまだ分からないが、今はそれよりも2人の素早い回復を祈りたい。

文:ビタラフ・アドル

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.