ニュース

レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」

アンソニー・デイビスがレイカーズに加入したことを受け、レブロン・ジェームズが「これは始まりに過ぎない」とコメントした

レブロン・ジェームズは、やはりロサンゼルス・レイカーズでも大物スター選手を集めるようだ。今回は、まず手始めにニューオリンズ・ペリカンズとのトレードでオールスター・センターのアンソニー・デイビスを獲得した。

しかしジェームズは、デイビスが加入しただけではまだ満足していないようだ。彼は自身のインスタグラムに、自分とデイビスがレイカーズのユニフォームを着て並んで立っている写真と共に「ADが来る!! やってやろうぜ兄弟! だが、これは始まりに過ぎない…」というコメントを添えた。

デイビスをトレードで獲得した後にも、レイカーズには十分なキャップスペース(サラリーの空き)がある。昨シーズンは、ジェームズが怪我で長期離脱した影響もあり、レイカーズは37勝45敗という期待外れな成績で終わった。レイカーズは2012-13シーズンを最後にプレイオフに進出していない。しかも、最後に進出したプレイオフのファーストラウンドで、彼らはサンアントニオ・スパーズにスウィープ負けを喫している。

今シーズン、ジェームズは2005年以降で初めてプレイオフ進出を逃した。一説には、チームとジェームズがシーズン中盤のトレード・デッドラインまでにデイビスを獲得しようとしたことが、レイカーズの若手選手の精神状態に影響を与えたとも言われている。

そして遂に、シーズンが終わったこの時期に、レイカーズは複数の若手有望選手(ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハート)、3つのドラフト1巡目指名権、そして2回分のドラフト1巡目指名権の交換権を大放出して、デイビスの獲得に踏み切った。レイカーズは、デイビスがそれだけの対価に見合う選手と判断したのだ。そして、どうやらジェームズもチームと同じ考えのようだ。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.