ニュース

レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」

アンソニー・デイビスがレイカーズに加入したことを受け、レブロン・ジェームズが「これは始まりに過ぎない」とコメントした

レブロン・ジェームズは、やはりロサンゼルス・レイカーズでも大物スター選手を集めるようだ。今回は、まず手始めにニューオリンズ・ペリカンズとのトレードでオールスター・センターのアンソニー・デイビスを獲得した。

しかしジェームズは、デイビスが加入しただけではまだ満足していないようだ。彼は自身のインスタグラムに、自分とデイビスがレイカーズのユニフォームを着て並んで立っている写真と共に「ADが来る!! やってやろうぜ兄弟! だが、これは始まりに過ぎない…」というコメントを添えた。

デイビスをトレードで獲得した後にも、レイカーズには十分なキャップスペース(サラリーの空き)がある。昨シーズンは、ジェームズが怪我で長期離脱した影響もあり、レイカーズは37勝45敗という期待外れな成績で終わった。レイカーズは2012-13シーズンを最後にプレイオフに進出していない。しかも、最後に進出したプレイオフのファーストラウンドで、彼らはサンアントニオ・スパーズにスウィープ負けを喫している。

今シーズン、ジェームズは2005年以降で初めてプレイオフ進出を逃した。一説には、チームとジェームズがシーズン中盤のトレード・デッドラインまでにデイビスを獲得しようとしたことが、レイカーズの若手選手の精神状態に影響を与えたとも言われている。

そして遂に、シーズンが終わったこの時期に、レイカーズは複数の若手有望選手(ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム、ジョシュ・ハート)、3つのドラフト1巡目指名権、そして2回分のドラフト1巡目指名権の交換権を大放出して、デイビスの獲得に踏み切った。レイカーズは、デイビスがそれだけの対価に見合う選手と判断したのだ。そして、どうやらジェームズもチームと同じ考えのようだ。

アーカイブ

カイル・ラウリーが親指を手術
今日は何の日 〜アイザイア・トーマスがペイサーズのヘッドコーチに就任〜
ミネソタ・ティンバーウルブズがルーキーのナズ・リードと複数年契約
シカゴ・ブルズがシャキール・ハリソンとルーク・コーネットと契約
ユタ・ジャズがウィリアム・ハワードとスタントン・キッドと契約
フリーエージェント情報:トロント・ラプターズがロンディ・ホリス・ジェファーソンと正式契約
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・クリッパーズがジャマイカル・グリーンと正式に再契約
フリーエージェント情報:JR・スミスがミルウォーキー・バックスと面談へ
クリス・ポールはサンダーの一員として開幕を迎えるのか?!
セルティックスがケンバ・ウォーカーとエネス・カンターの入団を発表
今日は何の日 〜エリオット・ペリーがサンアントニオに復帰〜
スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位
「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のケンダル・ジェンナーはNBA界でもお騒がせ?
来期ブレイクしそうな若手:ジョン・コリンズ編
今日は何の日 〜キッドがニュージャージーへトレードされる〜
ピストンズがオフ・ウェイバーでクリスチャン・ウッドを獲得
フリーエージェント情報:サンズがチェイック・ディアロと2年契約
レジー・ブロックの頚椎椎間板ヘルニア手術が成功
フリーエージェント情報:ミルウォーキー・バックスがタナシス・アデトクンボと契約
ブランドン・イングラムは順調に回復中
デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及
サンダーの衝撃的トレード2つを振り返る
来期のスーパースター・コンビ【TOP10】:第10位
FA振り返り:サンズ編
今日は何の日 〜シャリーフ・アブドゥル・ラヒームがシドニーオリンピック代表に滑り込む〜
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.